無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「朝活」ってなにがいいの? 始めた人にメリットを聞いてきた

ライフスタイル

メリットが多いとされている「朝活」ですが、具体的にどんないいことがあるのでしょうか?

朝に運動をしたり、本を読んだり、早起きして有意義な時間を過ごす「朝活」。少しだけ起きる時間を早めて、朝の時間を自分のために使っている人も増えてきているようです。

なんだかいいことな気がしますが、具体的に、朝活にどんなメリットがあるのでしょうか? fumumu取材班が、朝活で感じたメリットを聞いてきました。

①気持ちに余裕ができる

「少しだけ早く起きるだけで、気持ちに余裕ができるようになりました。いつもはイライラしてしまうことでも、なんだか許せるようになったんですよね。
仕事が始まるギリギリに起きていたときは、毎朝急かされている気分だったんだと思います。すぐに支度を始めなくては間に合わないので、時間の使い方も雑になるし…。
起きてすぐに慌てなくてはいけないので、そこでもうイライラが溜まっていたんでしょうね。ゆっくり朝ごはんを食べたり、お茶を飲む時間ができただけで、心にすごくゆとりができました」(20代・女性)

関連記事:年末年始の休みを終えて…「休み明けの仕事がつらい!」 気持ちを和らげる方法

②活動的になる

「朝にランニングをするようになってから、その流れで1日を活動的に過ごせるようになりました。体を動かして1日が始まるので、それからの時間もスムーズに作業が進むんですよね。
せっかく早起きしたんだから、なにかできることをしようと思うのかもしれないです。時間に余裕があるから、いつもは余裕がなくてできないことにも、チャレンジできるようになりましたよ」(20代・女性)

③自分を見直せる

「やるべきことに追われていつもバタバタしていたときは、自分が本当になにをしたいのか、見直す時間も取れなかったんです。
早起きして朝にいろいろ作業をするようになって、物事をゆっくり考える時間も増えて。自分の中にモヤモヤと溜まっていたことと、じっくり向き合うことができるようになりました。
やりたいと思っていたのに手を出せていなかったことや、会いたいのに会えていなかった人を、朝の落ち着いた時間に思い出せるんですよね。慌ただしい毎日を過ごしていたら、なかなか考えられなかったことだと思います」(20代・女性)

「早起きできる」以外にも、朝活で得られるメリットは多いようです。たかが早起きと侮っていたら、それ以上のものを朝の時間にゲットできるかもしれません。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ