無料の会員登録をすると
お気に入りができます

サバ缶が洋風の味わいに♡サバとトマトの旨味が詰まった「サバリゾット」

レシピ

脂がのったサバを骨ごと食べられる手軽さと、栄養価の高さで人気が続くサバ缶。そんななか、サバの養殖が盛んなノルウェーから一味違ったサバ缶「スタブラ サバフィレ」が上陸しました。トマト煮になっているので、サンドイッチやパスタなどの洋食にぴったり。ここではその缶詰を使ったリゾットのレシピをご紹介します。

ノルウェーから注目のサバ缶が登場

一時はスーパーの在庫がなくなり、なかなか入荷しないほどだったサバ缶人気は、今でも継続中。サバの旨味が凝縮しているうえ、骨まで柔らかくて食べやすいのが特徴です。また、血液をサラサラにしたり、善玉コレステロールを増やしたりといった働きがあるEPAや、脳を活性化するとされるDHAなどを含むオメガ3脂肪酸が豊富。さらに、カルシウムの吸収を助け、健康な体を維持するのに重要なビタミンDも含まれています。

ただそれでも、青魚の風味が苦手だとか、どう料理に使ってよいかわからないといった理由でなかなか手が伸びない方もいるかもしれません。
そんな方にもぜひ試してもらいたいのが、ほかとはちょっと違ったサバ缶「スタブラ サバフィレ」です。

トマト煮になっていて、洋食に活用できる

スタブラ サバフィレは、サバの養殖が盛んなノルウェー発のサバのトマト煮缶。ノルウェー人の7割がリピート買いする、国民食とも言える商品です。

トマトとサバは、実はとても好相性。
栄養面でいえば、トマトには美容によいとされる抗酸化作用をもつリコピンが豊富。リコピンは油に溶けやすい性質があり、サバのオメガ3脂肪酸がその吸収率を4倍に上げてくれるのだとか。
もちろん、最初にご紹介したDHAやビタミンDなども豊富なまま。世界的にみても水質がきれいなノルウェーの清浄海域で育ったサバはより栄養価が高く、それを使ったこのスタブラ サバフィレは、一缶で1日に必要なオメガ3脂肪酸を摂取できるそう。

また、サバ缶というと和食のイメージが強い方が多いかもしれませんが、トマト煮のこちらは洋食にぴったり。サンドイッチやパスタ、オムレツなど幅広い料理に活用することができ、魚が苦手な方でも食べやすくなっています。

サバとトマトの旨味が詰まった「サバリゾット」

ここでは、スタブラ サバフィレを使ったリゾットのレシピをご紹介します。
リゾットは手間がかかると思う方もいるかもしれませんが、実際は材料を炒めて様子を見ながら煮ていくだけなので、それほど難しくありません。サバの旨味が溶け込んだスタブラ サバフィレがあれば、味付けもコンソメ顆粒と塩胡椒で整えるだけ。レストランで食べるメニューのように本格的な味わいになります。

材料 (2人分)

スタブラ サバフィレ … 2缶

玉ねぎ … 1/4個

アスパラ … 3本

オリーブオイル … 大さじ1

米 … 1合

白ワイン … 大さじ3

お湯 … 約600cc

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ