無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人気作家の小説を印字した「読むレジ袋」 ナチュラルローソンで無料配布

カルチャー

全国のナチュラルローソンで、2020年6月24日から26日までの3日間、作家の伊坂幸太郎さん、吉本ばななさん、筒井康隆さんの小説を印字した「読むレジ袋」が無料で配布されます。

2020年7月1日からのレジ袋有料化を前に、メルカリがローソンとともに、通常は捨てられてしまうレジ袋に「小説を読む」という付加価値を、と企画されました。

配布時間は各日14時からの予定

"読むレジ袋"にはメルカリが2020年4月から始動したプロジェクト「モノガタリ  by mercari」で連載されたモノにまつわる3つの小説が印字されています。

「モノガタリ by mercari」は、筒井康隆さんや吉本ばななさんなど、日本を代表する有名作家や小説デビュー作「ふたご」が直木賞候補にノミネートした「SEKAI NO OWARI」の"Saori"こと藤崎彩織さんほか、10人の書き手が書き下ろした「モノ」のストーリーをメルカリ公式ツイッターで発表するプロジェクトです。

国内では年間450億枚のレジ袋が使われていると推定(※)されており、捨てられがちなレジ袋に小説という付加価値を加えることで、身のまわりのモノにも一つひとつに価値があると気づきを与え、改めてモノとの向き合い方について考え直すきっかけになることを願って行われます。

配布される袋はそれぞれ日によって異なります。

6月24日は伊坂幸太郎さんの「いい人の手に渡れ!」、25日は吉本ばななさんの「珊瑚のリング」、26日は筒井康隆さんの「花魁櫛」のレジ袋です(筒井康隆さんのレジ袋はナチュラルローソン芝浦海岸通店にて26日限定で配布)。

時間は各日14時からを予定。各店舗、各日100枚限定で、なくなり次第終了です。

なお、帝京大学病院本院・アーバンドックパークシティ豊洲・S六本木ヒルズ・S六本木ヒルズ50階・港日赤通り・順天堂医院B棟・プラナ東京ベイ・東品川四丁目・クオールアトレ竹芝・SOCOLA武蔵小金井クロスでは配布されません。

本レジ袋は環境に配慮し、バイオマスプラスチックを50%以上配合しています。

バイオマスプラスチックは、石油ではなく再生可能資源である生物資源(バイオマス)を原料とするプラスチックのこと。環境負荷が少なく、かつ炭酸ガスのバランスを崩すことの無いなどが特徴です。

※環境省の中央環境審議会の専門委員会資料より(2018年実績)

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ