無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[おすすめコミック10選]コロナ時代の今こそ読みたい

エンタメ

テレワーク、リモート飲み会、ソーシャル・ディスタンス……。新型ウイルスCOVID-19は、私たちの生活を大きく変えた。いままでの常識がまったく通用しない、そんな手探りの時代を生きるヒントやパワーになるコミック10作品をテーマ別にご紹介。

<目次>
1.自炊がたのしみになる、“小”料理漫画2.備えあれば憂いなし!ウイルス&菌、感染拡大をテーマにした漫画3.おうち時間増量で、読み返したい長編名作4.現実を忘れてキュンキュンしたい! 恋愛マンガ

1.自炊がたのしみになる、“小”料理漫画
2.備えあれば憂いなし!ウイルス&菌、感染拡大をテーマにした漫画
3.おうち時間増量で、読み返したい長編名作
4.現実を忘れてキュンキュンしたい! 恋愛マンガ

※記事発信時点での情報のため、仕様が変更になっている場合や販売が終了している場合があります。

1.自炊がたのしみになる、“小”料理漫画

「ステイホーム」で、外食メインだった人が自炊するようになり、もともと自炊派だった人はさらに料理を追求……とはいえ、一日三食の全力料理もキツイ。そこで、最低限の手間で幸せを最大限に高める作品と、食べるのがおっくうだなと感じたときに読んでもらいたい作品をピックアップ。

『レトルト以上・ごちそう未満! スキマ飯』谷口菜津子/KADOKAWA/全1巻

(C)Natsuko Taniguchi/KADOKAWA 2020

味気ないひとりご飯も、おいしく&ウキウキ気分に!

著者は友人を家に招いて手の込んだコース料理を作ったりするグルメな飲んべえさん。しかし、疲れ果てた夜には油や粉(コーンスープの素など)を舐める「お恥(ち)まみ」で晩酌も。酒との相性をとことん追求したレシピや、おつまみノウハウなどを凝縮したのが本作。「豆苗とキャベツ太郎のサラダ」や、目玉焼きやチーズなどをはさむ「みりんせんべいアレンジ」といった駄菓子を使ったメニューから、デパ地下で食材購入して一人手巻き寿司チャレンジをする「3500円で天国に逝ける家飲み」、温泉宿の夕食の主役である小鍋を買い込み、客・女将・料理人の3役をつとめて楽しむ「おうち旅館」など、バラエティ感覚で楽しめるのがうれしい。
簡単、お手ごろ、適当レシピ。手の込んだ料理じゃなくたって、人って案外幸せになれる。

『あさめしまえ』北 駒生/講談社 全6巻

朝ごはん、あなたはどうしていますか?

主人公の日高元は朝ごはん食堂「アサメシマエ」を営むアラサー男子。「アサメシマエ」は、両親の離婚で朝ごはんに飢えていた日高に朝ごはんを6年間食べさせてくれたお店だったが、大将が亡くなって日高が受け継いだ。かつての自分のように、それぞれの夜を越えて朝にたどりついた人たちに、「からだから 朝日がのぼる」ようなおいしい朝ごはんを提供する。
1巻に登場するのは土鍋ごはん、卵黄のしょうゆ漬け、白身のスープ、ピタパン、しょうが焼き、中華がゆ、手巻き寿司など。シンプルだけど、心と体を目覚めさせてくれる、やさしい朝ごはんばかり。亡くなった大将との思い出の“卵黄のしょうゆ漬け”、過保護な母親と反抗期の息子とのわだかまりを解消する“ピタパン”、すれ違ってしまった熟年夫婦の手を再び繋がせる“じゃこごはんおむすび”など、メニューにまつわるエピソードのひとつひとつがあったかい(すべてレシピ付き)。朝ごはんが人を結ぶ本作で、あなたの食事を見直してみては?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ