無料の会員登録をすると
お気に入りができます

行かなきゃ絶対に後悔する!2020年のみ営業中「パンとエスプレッソと」立ち上げシェフのパン屋

グルメ

隅田川沿いの所狭しとパンが並ぶ小さなパン屋

かわいい看板と焼きたてのパンが並ぶラック

今回ご紹介するパン屋さんの店名は「クラマエノパンヤ」。

店名は「クラマエ」ですが、住所は墨田区本所。

最寄り駅の蔵前からは、隅田川にかかる厩橋を渡って墨田区に入ってすぐのところにあるので、「クラマエノパンヤ」という名前にしたそう。

カウンターに並ぶパン

同店をオープンしたのは、表参道の人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」を立ち上げ、人気のオリジナル食パン「ムー」を考案し商品化した櫻井シェフ。
櫻井シェフの作るパンは「日本人の味覚に合う」「毎日食べても飽きが来ない」と大人気。

同店では、2020年だけという期間限定のため、定番商品だけではなく、季節感を大切に、記憶に残るパンを日々考えていらっしゃるそうです。

季節感あふれるお惣菜系パン&スイーツ系パン

どれにしようか迷うほどの品揃え

パンの香りが漂う店頭に並ぶパンは、多いときで20種類も!

全てのパンの生地には、100%北海道産小麦が使われています。個別の商品に合うよう、それぞれ数種類の小麦をブレンドして使い分けているそうですよ。

「果り果さんのジャムパン」(写真上)と「マトン」(写真下)

夏に向けて発売されたのは、「果り果さんのジャムパン」(税込180円)。
甘酸っぱいパイナップルジャムがたっぷりフィリング。トッピングはココナッツで、夏を感じるパンです。

そして夏といえばカレーではないでしょうか!?
現在用意されているカレーパンは、フライドオニオンとカシューナッツ、パクチーをくわえた、自家製のマトンカレーの「マトン」290円(税込)。

揚げ焼きにしているので、周りはカリッ、中はムッチリ。
中には、ピリッと辛いカレーがあふれるほど…!
パクチーがさわやかさをプラスしてくれています。

「オリーブパン」(写真上)と「サバクロ」(写真下)

発酵バターをたっぷりと使って作られるクロワッサン生地に、サバとドライトマトが包まれているのは「サバクロ」290円(税込)。

バター香るサクッとしたクロワッサン生地には、チーズがトッピングされていて香りも濃厚。
中からはホックリとしたサバと、ドライトマトの甘みたっぷりの酸味。これはビールにもワインにもあいますね。

ワインに合うといえば、オリーブが2粒入った「オリーブパン」160円(税込)もおすすめですよ。

ふわふわもっちり!定番の「クラマエノ食パン」

「クラマエノ食パン」(写真左)と「トルデュ」(写真右)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ