無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれで便利!ニトリ「ホーローオイルポット」が本当にお値段以上♪

インテリア

ニトリのホーローオイルポットは、お手入れしやすく使いやすい、そのうえおしゃれな、まさに「お値段以上」のアイテムです!キッチンで、オイルポットを見えるところに置いている方にもおすすめ。インテリアになじむオイルポットをお探しの皆さまに、実際に使って感じたことをレポートします。

ニトリのホーローオイルポットを使ってみた!

Photo by 大山 磨紗美

ニトリのオイルポットの適正容量は1.1Lです。今回は一般的なサラダ油1Lを、直径22cmの天ぷら鍋に入れて使用。

全量を入れると天ぷら鍋の半分程度で、約4人分500gのひと口カツを3回で揚げきることができました。ニトリのオイルポットは、4人家族でも十分に使用できそうです。

Photo by 大山 磨紗美

使用直後の油を濾し入れたポットの持ち手は高温になっており、鍋つかみが必須

Photo by 大山 磨紗美

こし網は目が細かく、揚げ物かすをしっかりと濾しとってくれました。

フィルター受けがあるので、すぐにこし網を外して捨てることができますが、こちらも油を注ぎ入れた直後は高温になっているので、やけどに注意しながら作業しましょう。

注ぎやすくて液だれなし!

Photo by 大山 磨紗美

ニトリのオイルポットはこし網を取り外して油を注ぐようにします。口が広いのでとても注ぎやすいですよ。

Photo by 大山 磨紗美

油を注ぎ終わったあとのポットを確認すると、注ぎ口からの液漏れはまったくなし!本体表面に油汚れが付かないのは、注目ポイントですね。

キレイ好きさんは「活性炭カートリッジ」をどうぞ♪

Photo by 大山 磨紗美

ニトリのホーローオイルポットは、別売りの活性炭カートリッジを使用することができます。高さ3cmのカートリッジには、ぎっしりと活性炭が詰められているので、使い終わった油の汚れやにおいをしっかりと除去してくれます。

2個で1,047円(税込)と少し高めですが、10回繰り返して使用できるので、コスパは良さそう!

カートリッジなしで油をキレイに保つ裏ワザ

ニトリのカートリッジを使用するときは、濾す前に15分ほど待って、油の温度を150度まで下げる必要があります。油を濾すのにちょっと時間がかかり、0.7Lしか入らないというのも気になるところ。

そこで、簡単にこし網のフィルター機能を向上させる代用アイデアをご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ