無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中の停滞期、どんな食事をすれば乗り切れる!?停滞期をスムーズに乗り切る方法

美容

停滞期とは?停滞期のメカニズムについて

bybirth.jp

ダイエットを始めて、順調に体重が減っていたのに、なぜか痩せにくくなった…そんな時は停滞期かもしれません。

人間には、「ホメオスタシス」という機能が備わっています。体重が減ると、ホメオスタシスの機能がはたらき、「体が飢餓状態である」と判断します。その結果、エネルギーを溜め込みやすく、消費するエネルギーも抑えられるため、痩せにくくなります。

特に、急激に体重を減らすようなダイエットをしていると、停滞期を経験しやすくなります。体重は1ヶ月に2%減程度が理想的ですし、極端に激しいダイエットは健康を損ねることもあるため、注意しましょう。

では、停滞期にはどのような食事をすれば良いのでしょうか?

停滞期にはどんな食事をすれば良い?

bybirth.jp

「食べない」はNG!食事量を減らさないことがポイント

体重が落ちなくなるため、食事量を減らしたくなりますよね。しかし、大切なのは、体に「飢餓状態ではない」と認識させること。つまり、食事量を減らすのではなく、体に必要な栄養素はしっかり摂取することです。

したがって摂取カロリーを減らすのはNG。また、「○○抜き」など偏った食事内容もNGです。肉や魚などのたんぱく質、乳製品、野菜などの食物繊維など、さまざまな食材を食べるようにしましょう。

また、停滞期になるまでもバランス良く食事をしていたという場合であれば、継続することが大切です。

色の濃い野菜がおすすめ

野菜には食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。食物繊維は便通を良くしてくれます。ダイエット中の便秘対策にも◎。

また、健康的に痩せるためには、代謝をUPさせることも大切です。食事から摂取した糖質やたんぱく質を代謝するために、ビタミンやミネラルが必要です。色が濃い野菜である、トマトやピーマン、赤ピーマン、ブロッコリーなどは、特にビタミンやミネラルが豊富ですよ。

たんぱく質量はしっかり摂取

bybirth.jp

ダイエットをしていると、「野菜中心」を意識しすぎるあまり、たんぱく質の摂取が減っている人もいます。たんぱく質は、筋肉など体の組織をつくる材料です。筋肉量が落ちてしまうと、基礎代謝も低下してしまい、痩せにくい体になってしまいます。

停滞期には、摂取するエネルギー量は変えずに、しかしたんぱく質はしっかり摂取するようにしましょう!

特に、質の良いたんぱく質を摂取することが大切です。必須アミノ酸をバランスよく含む、肉や魚などの動物性たんぱく質がおすすめ。肉では脂質の少ない赤身肉を選ぶと良いですよ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ