無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2020-21年秋冬トレンドアイテム5選。「自分らしさ」が主軸のファッションへ

ファッション

近年続いていたストリートブームが終息し、2020-21年秋冬は時代に左右されないタイムレスかつ、きちんと感のあるエレガントなアイテムがランウェイを席巻しました。多様性もポイントとして挙げられ、「自分らしさを大切にする」といった当たり前の価値観が尊重されたシーズンでもあります。今回は、そんな多様性を軸とした、2020-21年秋冬トレンドのエレガントなアイテムを5点ご紹介します!

大人キレイ! 最旬エレガントな2020-21年秋冬トレンドアイテム5選

ストリートムードからくるゆったりとしたシルエットが影を潜め、今季はぐっとスリムなウェアが多く見られた

近年続いていたストリートブームが終息し、2020-21年秋冬は、時代に左右されない、タイムレスかつきちんと感のあるエレガントなアイテムがランウェイを席巻。

多様性もポイントとして挙げられ「自分らしさを大切にする」など、当たり前の価値観が尊重されたシーズンでもあります。

新型コロナウイルス感染症をはじめ、地震、大雨、猛暑など自然の脅威を肌で感じる昨今、着飾るより心地よさを重視する人が増えているのです。全てのトレンドに敏感になるのではなく、自分に合うものを取捨選択するのが賢い方法です。

また、2020年春夏に多くのデザイナーが発表した「サスティナブル(維持できる、持続可能な)」なスタイル=サスティナスタイルが、今季は定着しています。

オーガニックコットンや石油に依存しない新しい繊維を使う、最新のリサイクル技術で廃棄物から新しいアイテムを生み出すなど、環境に配慮した素材や生産方法が提案されています。身近なところでは、無駄なものを購入せず、長く愛用できるアイテムを選ぶこともサスティナブルにつながります。

今回は、そんな背景を踏まえた、2020-21年秋冬トレンドのアイテムを5点ご紹介! 早速、見ていきましょう。

1.クラシカルな印象のダブルブレストコート

クラシカルなダブルブレストコートが旬!

今シーズン目立ったのが、クラシカルなムードたっぷりのダブルブレストコート。前身頃の幅が広く重なり、ボタンが二列になっているコートのことです。

ダウンジャケットなどカジュアルなアウターの代わりに、ダッフルコートやピーコートなどに用いられる、フェルトのようなあたたかい肌触りのメルトンや、太く短い羊の毛「紡毛糸」で織られたツイードといった素材が提案されています。

今季らしいのが、かっちりとしたショルダータイプで、ラペル(襟の折り返し)が広くとられたもの。

膝下やふくらはぎまでの長め丈が、今シーズンは主流です。Iラインを描くことができるので、大人女性に嬉しいスタイルアップにもつながりますね。

2.1枚着るだけで華やかに映るボウタイブラウス

ボウタイブラウスをリボン結びすると、可愛らしい印象に

ここ数シーズン、トレンドに躍り出ているボウタイブラウス。着用した途端、コーデに華やかさを運んできてくれる頼れるアイテムです。

シーズンレスで長く愛用でき、結果的にサスティナブルにつながります。リサイクル技術により再生されたポリエステル繊維の素材など、環境に配慮された商品も登場。

リボン結びすると、ともすれば若い印象に転びがちですが、今季はボウタイ自体にボリュームのあるものが多いのが特徴的。ランウェイでは、首にボウタイを数回巻き付けて、フロントの高い位置で一結びするスタイリングが提案されており、これなら大人っぽく決まります。

前述のダブルブレストコートのINに着て、女性らしさを感じさせるスタイリングがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ