無料の会員登録をすると
お気に入りができます

<必読>「夏マスク」対策!メイク崩れやマスク焼けを簡単に防ぐ方法

美容

夏マスクに悩みを抱えている人は全体の99%

photo:資生堂

化粧品会社「資生堂」が、夏のマスク着用に関するインターネットでの意識調査を実施したところ、夏マスクに関して悩みを抱えている方は全体の99%。これから気温、湿度とさらに上がるため、悩みはより深刻化されそう。その前に、対策を考えておきたいですよね。

メイク崩れやマスク焼けを防ぐには?

photo:資生堂

夏マスクで、最も多い悩みは「暑い」で81.5%、次いで「マスクの中が蒸れる」が80.4%と、夏特有の悩みが80%以上。さらに「メイクの付着が気になる」が64.0%、「化粧崩れが気になる」が51.2%と、メイク関連の悩みが続きます。その他にも「マスク焼け」や「肌荒れ」などの肌悩みを抱える方が多いという結果に。

そこで、その悩みに関して今すぐ取り入れられるポイントとテクニックを紹介します。

暑さ対策には「汗をふく」、「冷やす」

基本的なことですが、汗をきちんと拭き、皮ふ温が高いところを冷やすことが暑さ対策の一番のポイント。なお、顔を冷やす前に首・デコルテを冷やすことで、皮ふの温度が下がりやすくなり、より心地よく過ごすことができます。

メイクの付着や崩れには、ファンデの「水あり使用」で

汗や摩擦、湿気による化粧崩れや色むらを防止するためには、ファンデの「水あり使用」(スポンジを水で濡らしてファンデーションを塗布)がおすすめ。ひんやりとした使い心地でベタつきがなく、密着感のある仕上がりになります。

「マスク越し焼け」にも要注意

この時期は1年で最も紫外線量が多いと言われています。そのため、マスクで覆われている部分とそうでない部分のむら焼けである「マスク焼け」 に加え、マスクをしている部分にも紫外線が透過し日焼けをしてしまう「マスク越し焼け」への注意も必要です。顔全体にしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めの「塗り方」ポイント

photo:資生堂

ポイント1: 「チューリップゾーン」に日焼け止めを重ね付け

チューリップゾーンとは、写真が示しているように両ほお、鼻、あご、フェイスラインのゾーン。日焼け止めを顔のすみずみまでむらなく均一になじませたら、さらにマスクでこすれやすいチューリップゾーンに重ねづけしましょう。

ポイント2: 塗り直す時も「チューリップゾーン」を意識

マスク着用時は、いつもよりこまめに日焼け止めを塗り直しましょう。また塗り直す際も、マスクでこすれやすいチューリップゾーンを意識して。

photo:資生堂
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ