無料の会員登録をすると
お気に入りができます

minne×The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション

7月23日より9月22日まで東京都美術館で開催される展覧会『The UKIYO-E2020-日本三大浮世絵コレクション』(※日時指定入場制)。今回コラボレーション企画として、「葛飾北斎」「歌川広重」などの浮世絵の図版18点をもとにminneの作家さんにコラボ作品を制作・販売いただくこととなりました。芸術の秋を目前に、歴史ある美術の世界を手のひらの上でぜひたのしんでみてください。

旅行・おでかけ

浮世絵師たちの代表作が手のひらの上の作品に

展覧会『The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション』が7月23日より、東京都美術館で開催されます。
太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の名品コレクションの中から、選りすぐった約450点の浮世絵版画が、前期・後期にわたり展示され、日本が世界に誇る浮世絵の魅力を、たっぷりとたのしむことができる史上初の催しとなっています。

葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 太田記念美術館
前期展示 ※後期も他館所蔵の同作品が展示されます

浮世絵の歴史を展観する約60名の絵師の代表作が一堂に会する、この貴重な展示とminneのコラボレーション企画として、今回「葛飾北斎」「歌川広重」「東洲斎写楽」などの浮世絵18点をもとに、新たな作品を生み出すことに。
名作の魅力とそれぞれのアイデアを掛け合わせ、これまでにないコラボ作品をminneの人気作家のみなさんがじっくりと制作してくださいました。

制作の裏側とあわせて、その一部をご紹介します。

「HOKUSAIブローチ | 冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

七宝焼きで表現された、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波しぶき。銀箔の上に施釉(せゆう)し、「ざらつき」を残して焼くことで、光を乱反射して繊細にきらめく様子を見事に再現している、fericitaさんの作品です。

原作のダイナミックさを表現しつつ、ブローチとしての可愛いデザインを成立させるため、何度もデザイン画を描き直したこだわりのフォルムです。七宝焼きならではの「若焼き」という技法で波を表現しましたが、焼きが足りないと輝かないし、焼きすぎるとツルンとしてしまう。窯から出すときには、ドキドキとしました。原作があるものをモチーフにすることが初めてだったので、浮世絵や浮世絵にインスパイアされた海外作品なども拝見して、自分らしさと原作に魅力の掛け合わせについて、よくよく考えた作品です。
mag.minne.com
作品を見る

「Sharaku」

東洲斎写楽の「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」からインスピレーションを得た、Lamipasさんのブローチ。明るいパステルカラーで再現されたグラフィックと、クリスタルやチェーンとの組み合わせが新しく、Lamipasさんの魅力もたっぷりと詰まっています。

こだわったのは、現代の感性で浮世絵にアプローチすること。浮世絵の画集を拝見する中で、その自由な表現から「見ているひとを驚かせたい」「たのしませたい」という想いを自分なりに汲み取りました。世界のポップアートについても振り返ってみると、題材にした東洲斎写楽の作品が、いかに前衛的なものであったかということに改めて驚きがありました。目を見張るようなその自由な表現は、江戸の粋なあそびが生み出したものなのでしょうか。題材に正面から向き合ってみて、わたしも好奇心を存分に刺激されました。
mag.minne.com
作品を見る

「北斎 山下白雨の雲リング」

ジュエリー作家・sayesさんが葛飾北斎の「冨嶽三十六景 山下白雨」から切り取ったのは、富士の背面に広がる印象的な「雲」。丸みを帯びながらも、繊細なラインのデザインが、手もとに優美な印象を与えてくれそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ