無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏こそおすすめ「白・ベージュワントーン」みんなはこう着てます![モデル&スタイリスト私服編]

ファッション

白、ベージュのワントーンは、大好きな色で挑戦したい着こなしだけれど着合わせを間違えると、ボンヤリしてしまいがち。

そこで、どうしたらメリハリある着こなしができるか、モデルの高垣麗子さん、STORY人気スタイリスト、ライターの実例テクニックをご紹介します。ぜひ参考にしてみて。

★ モデルの高垣麗子さんは…「レイヤードや素材の更新」で今どきコーデ!

White One-tone

◯ 同じ白のワイドパンツを合わせて今年っぽいアイテムの重ね方に挑戦

今年の夏はふんわりしたフェミニンなワンピースが気になりました。1枚でもいいけれど、重ねることで透けなども気にならなくなるし、さらにスニーカーを合わせるとアクティブに動きやすい。

リラックスしたシルエットは白だとボリュームが出がちだけど、肩のヘルシーな露出とリボンデザインが単調にならないようポイントになってくれるし、黒のかっちりめバッグでコーデを締めるとほっこりした感じになりません。風が通るようなふんわりした感じを楽しみたいです。

<Item List>
One piece/エトレトウキョウ
Pants/アーセンス
Bag/エレメ
Necklace/ミスイ
Ring/アン バイ トモヨ ヨシダ
Sneakers/ハイク × アディダス

Beige One-tone

◯ 素材を変えてメリハリを

コンサバで大人っぽくなるベージュは、何気なく着ていると顔映りが悪かったり、ぼんやりした感じで普段着感が出てしまうので、トップスはロゴで光沢感のあるシルクTシャツに。スカートはニットのカギ編みで透け感のあるものにして、素材を変えてメリハリをつけました。

テロッとした素材のTシャツは前インしやすいのと、ニュアンスが作りやすいので、ラフにインするだけでサマになります。プチプラで挑戦したドロストのスカートもウエストは楽でタイトシルエットがキレイに見えて今っぽさがムリなく取り入れられました。

<Item List>
T-shirt/カオス
Skirt/ミラ オーウェン
Bag/ザ・ロウ
Sandals/イル サンダロ オブ カプリ
Earrings/マリハ
Ring/アン バイ トモヨ ヨシダ

★ STORY人気スタイリストは…こだわり「マイルール」がタメになる!

White One-tone

◯ 竹村はま子さん:アイテムはシンプル、プチプラでデザインをアップデート

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ