無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏こそおすすめ「白・ベージュワントーン」みんなはこう着てます![モデル&スタイリスト私服編]

ファッション

白、ベージュのワントーンは、大好きな色で挑戦したい着こなしだけれど着合わせを間違えると、ボンヤリしてしまいがち。

白ワントーンは〝ワンピース見え〟する着こなしが簡単で決まりやすい。白Tをドロストのロングスカートにインすると、こういうワンピースってありそうですよね。

遊びは色、柄などの小物で取り入れます。

<Item List>
T-shirt/エイトン
Skirt/アンクレイブ
Bag/ア ヴァケーション
Shoes/ワンダー
Sunglasses/トム フォード

Beige

◯ 竹村はま子さん:上下でベージュのトーンを変えると高見えが狙える

シャツはグレージュで、パンツはピンクベージュと、上下でベージュのトーンを変える。ワントーンの単調さを避けるためにシャツはコットン、パンツはシルクと素材を変えるのもポイント。カゴバッグで季節感をプラスしてカジュアルダウンが気分です。

<Item List>
Shirt/ミラ オーウェン
Pants/サード マガジン
Bag/ロエベ
Sandals/オルガ
Sunglasses/ブラン
Earrings/パコラバンヌ

◯ 乾 千恵さん:あえて同素材

あえて「リネン×リネン」のように同素材の組み合わせでルーズに着こなすのがマイルール。

ベージュはコンサバのイメージなので、女らしくなりすぎないよう、茶系から白までの間でベージュの濃淡を楽しみながらどこか崩すとオシャレに仕上がるんです。今回はコンバースを投入して足元にラフさをプラスしています。

<Item List>
Shirt/マネール
Pants/ユニオンランチ
Tank Top/H&M
Bag/H&M
Sneakers/コンバース
Sunglasses/オリバーピープルズ
Necklace/エルメス
Watch/カルティエ
Bangle/ティファニー
Earrings/マリアブラック
Ring[中指]/ヴェイド
Ring[人差し指]/ティファニー

◯ 入江未悠さん:ベージュは黄みが少ないものを選ぶ

ベージュは茶系からグレー系まで幅が広いですが、黄みが少ないものを選ぶと素肌に馴染みすぎず品を損ないません。ワントーンのときはアイテムの素材を変えて、光沢素材やリブ素材を掛け合わせ、ポイントに透け感のある小物を合わせて軽やかに仕上げました。

<Item List>
Jacket/カオス
Sleeveless Knit/スタニングルアー
Skirt/カオス
Bag/ラドロー
Shoes/マリアムナッシアーザデー
Bangle/インムード
Necklace/マリハ
Earrings/マグージュ

◯ 濱口沙世子さん:地肌とのバランスを大事に

ベージュを着ると裸に見えがち……。ベージュは地肌とのバランスが大事なので、肌が黒い私は茶系に転ばせてワントーンに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ