無料の会員登録をすると
お気に入りができます

収納が少ないトイレも美しくスッキリ!整理収納プロたちの技

収納が少ないのにストックすべき物が多いトイレの悩ましい状況を、スッキリときれいに解決するプロたちの技を一挙ご紹介します。「狭いからこそ片付く!」と言うプロたちの素敵な整理収納術を参考に、わが家らしいトイレ空間に整えて、日常のお手入れが行き届く場所にしていきましょう。

インテリア

トイレットペーパー、サニタリー用品、消臭・除菌スプレー、掃除グッズなど、備えておきたいモノが多いトイレ空間。予備の分も置いておきたいのに、収納が少なくて困るという方も多いでしょう。そんなトイレ収納の悩ましい状況を、スッキリときれいに解決するプロたちの整理収納術をご紹介します。

トイレのタンク上に棚収納を

トイレ用品の収納場所として、棚もなければ手洗いカウンターもないというときには、賃貸住宅でもできる「突っ張り式の棚」をセットするというのが最も簡単な対策です。

収納環境プランナー 尾山 敬子さんは、実用的な棚の存在をカフェカーテンで隠すことで、インテリアも整えています。

収納環境プランナー 尾山 敬子さん

カフェカーテンを吊るす突っ張り棒はブラック。飾り棚とランプ、床のタイルなどはインテリアに統一感がある
DIYが得意な人は棚を取り付けてもいいでしょう。タンク上のスペースが空いているので、そこが収納場所としてうってつけです。

香港で購入したというバスケットをアクセントにアジアンリゾートな雰囲気
片づく収納プランナー みのわ かなみさんは、トイレットペーパーをすぐ交換できるように、お気に入りのバスケットを使用して床にスタンバイさせているそうです。トイレのタンク上には棚板を1枚取り付けて、インテリアに馴染むカゴの中にトイレ用品のストックを収納しています。

片づく収納プランナー みのわ かなみさん

手洗い器の下を整理された収納スペースに

お掃除の資格のクリンネスト講師 にでがわ ひろよさんの家には、トイレが2カ所あります。リビングダイニングのある1階のほうは、来客時にも使えるように手洗い器をしつらえたスペース。新型コロナウイルス感染予防のために、手拭き用のタオルをペーパーに切り替えて、ホルダーを壁に付けたそうです。

クリンネスト講師 にでがわ ひろよさん

掃除用のスプレーボトルは配管のパイプに吊り下げて、収納スペースを無駄なく活用

窓のあるアクセントウォールが映えるように、収納場所は手洗い器の下の奥行きの浅い棚だけ。そこにトイレットペーパーのストックをすぐに取り出せるように並べてぎっしりと詰めています。

トイレに備えておきたいモノをミニマムに

にでがわさん宅にある2階のトイレは家族が使う場所で、こちらには収納がありません。そこで、消臭スプレーと洗浄剤、クリーナーシート、そしてトイレットペーパーを備えておきたい最低限のアイテムとして選び、ケースにまとめて収納しています。さらにコの字ラックを使って床から浮かせているので、隅々まで掃除が行き届くのだそうです。

トイレマットがないので床掃除が簡単でいつも清潔

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ