無料の会員登録をすると
お気に入りができます

警視庁、簡単にできる熱中症対策を紹介 「体表温度を下げてくれる」

警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが簡単にできる熱中症対策を紹介した。

エンタメ

気象庁は13日、熱中症の危険性が極めて高くなるとして、関東地方に熱中症警戒アラートを発令した。そんな中、警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが簡単にできる熱中症と汗対策の方法を紹介した。

■濡れタオルで汗を拭く

警視庁は13日「部活動をしている子供達の汗対策で、毎日ぬれタオルを持たせています」とツイッターに投稿した。「ぬれたタオルで汗を拭き取って皮ふを湿らせると、表面に付いた水分が蒸発するときに、体表温度を下げてくれるので涼しさを感じられる」という。

また汗の匂い成分は水に溶けやすいため、「ぬれタオルで拭き取ることによって防臭効果も期待できる」と説明した。

関連記事:新感覚の熱中症対策グッズ ビオレの超大判汗ふきシートが話題に

新感覚の熱中症対策グッズ ビオレの超大判汗ふきシートが話題に

■手のひらを水に浸す方法もある

また警視庁は2019年8月にも簡単にできる熱中症対策を投稿している。なんでも水温10~15℃の水が入った洗面器に手のひらを5分くらい浸すと、「末梢血管内の血液を通して深部体温を下げることができる」という。

しかし、氷水のように冷た過ぎる水だと体を温めようとする防衛本能が働き、逆効果になるとのこと。「10~15℃の水」がポイントのようだ。

■汗拭きシートを活用する人も

今回の投稿には「汗が自然に乾いて塩分が残ると汗腺を塞いで汗が出にくくなり、熱中症の危険が増すと聞いたことがあります」などのコメントが寄せられている。また中には濡れタオルではなく、汗拭きシートで身体を拭いているという声も散見された。

一方で、猛暑日が続き熱中症患者が続出していることから「熱中症が起こりそうな状況かでの過酷な部活自体取り締まるべきでは?」という厳しい意見も寄せられた。

関連記事:マスクの夏、各地で危険な暑さに 気象予報士たちが警戒呼びかけ

マスクの夏、各地で危険な暑さに 気象予報士たちが警戒呼びかけ

■5割が熱中症対策を実施

場合によっては命を落とす熱中症。気象庁などが連日、注意喚起を行っているが一体どれほどの人が対策をしているのだろうか。そこでしらべぇ編集部が全国10~60代の男女2,168名を対象に調査を実施したところ、全体の47.0%が「熱中症対策をしている」と回答した。

環境省は熱中症情報サイトで、こまめに水分補給をするなどの予防対策を紹介している。自分の身を守るために、適切な熱中症対策を心がけたいものだ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ