無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/17〜8/23の運勢]8月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

説明不可能な持続

今週のしし座は、意志と情熱を急角度で取り戻していくような星回り。

死後になって刊行された『内面の日記』によって、世界的に名を知られるようになったアミエルという人がいました。彼は少年の頃に孤児になり生涯にわたり独身でしたが、ひたすら孤独な自己の慰めに、自身の苦悩、苦しみ、悲しみ、寂しさを、三十数年にわたってノートに書き続けました。

そのノートには「この毎日の独白は、祈りの一形式、精神とその原理の談話、神との対話である」と記されていますが、これは長らく日記を書き続けた末にいたった境地なのでしょう。とはいえ、彼がそれほどまでに日記を続けられた原動力も、ある種の宗教的狂熱と言っていいでしょう。

今週のしし座もまた、アミエルほどではなくても、沈黙とともに自分自身と溶け合っていく、意識的な睡眠のような静かな時間を過ごしていくことを心掛けていくといいでしょう。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

予感と開かれ

今週のおとめ座は、爛々たる無意識のうねりを肌で感じていくような星回り。

「風鈴の空は荒星ばかりかな」(芝不器男)という句では、夏の風物詩である「風鈴」が一斉にかき鳴り、その大音響の向こうには無数の星星がきらめいている情景が詠まれています。

わずか27歳で病没した作者がこの句を作ったのは23歳の頃。既にこの時には自身の残り短い命運をどこかで察知していたのかもしれません。それほどに、普通とは違う光景が作者には見えていたし、それは一見偶然のようであってもただの偶然ではなかったのではないでしょうか。というのも作者はその静謐な作風とは裏腹に、どうやら相当に激しく熱い詩魂の持ち主だったことが伺えるのです。

今週のあなたもまた、ある種の予感めいたビジョンが眼前に開けてくることだってあるはず。そのためにも、心の奥底で密かに願っている願いをどうにか言語化していくことを心がけていきたいところです。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ