無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[8/17〜8/23の運勢]8月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い
続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

空っぽな器としてあること

今週のふたご座は、自分の中に心情で受け入れたものと運命的に関わろうとしていくこと。

リーアン・アイスラーという社会学者は『聖杯と剣』において、貨幣経済が生活の隅々まで浸透している現代社会の現状を「剣」だけが肥大して「聖杯」が抑えられてしまっていると表現しました。自分の人生が破綻することは剣の原理においては多大なる不幸に他なりませんが、聖杯的観点からすればやっと訪れてくれた僥倖(ぎょうこう)であり、ラクに生きていくための最大のチャンスなのだと言えます。

想定内の生が破れ、職業や名誉や家庭や財産など、何かしら喪失していった時にはじめて、この世のほんとうの姿を垣間見、そこで私たちは「人間とは何か」ということを少しだけ受け入れられるようになるのです。

小利口な人間をやめるには、空っぽな器になりきってみるのが一番です。そうして、ひとりの人間として喪失を受け入れていくとき、そこから本当の意味で人生は始まっていくのかもしれません。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

特になし

今週のかに座は、茫然とする技術を磨いていくような星回り。

無職は人を茫然とさせる。厳密には、無職になると自分が何者であるかわからなくなる。これはけっこう怖い感覚で、住むところや当面の生活費の確保など現実的な問題よりも、とりあえず行く場所がないとか、なんとなく顔を合わせる相手がいなくなると、自分だけが社会から取り残されたように思えてくるのです。

茫然とするコツとは、特に意味のない行為をゆっくり時間をかけて、できるだけ丁寧に行うこと。室内の暑さに任せて、アイスが溶けるのをただ何もせずに観察する。そういう“間”のなかに、スッと入っていくことが大切で、それが「(ただ)ゐる」という言葉で表現されていることなのではないかと思います。

今週のあなたもまた、あくせくと何かをすることで不安をかき消すのではなく、作者のように「ただゐる」時間を自分に馴染ませていきたいところです。

続きはこちらから
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ