無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やってる人は即やめて!ブス見え待ったなし「夏のNGメイク4選」

メイク

コスメコンシェルジュ、美容ライターの斎藤明子です。暑い夏、汗や皮脂でメイクが崩れたり、暑苦しく見えたり…。夏だからこそ起こってしまいがちなNGメイク例と、その対策をご紹介します。

NGメイク3:レッドのツヤ系ルージュ&ダークトーンのルージュ

マスクで口元が隠れてしまう今は、あまりリップメイクを楽しむ機会がないかもしれません。それでも、食事などでマスクを外す時や、オンラインで顔を映し出す時などには、リップメイクに凝りたくなりますよね。

その時、とくに夏には暑苦しく見えてしまいがちなのが唇全体にしっかりとつけたツヤツヤのレッドリップ。

また、ダークトーンのリップも夏には重苦しく見えるので、あまりオススメできません。

対策はコレ!

自然な血色感を思わせるコーラルやピンクで、ナチュラルなツヤを演出すると華があるのに涼やかに見えます。

印象的なリップメイクで彩りたい時は、ダークなカラーを内側のみに使ったグラデーションリップなら、抜け感もあるので適度な華やかメイクが叶います。

NGメイク4:分厚いベースメイク

春夏用ファンデーションの多くは、汗をはじいてくれるものがほとんどなので、汗を大量にかいたからといって流れてしまうことは少ないです。

でも、汗をかいた後は肌への密着感がなくなり、分厚く塗ったベースメイクには違和感が生まれてしまいます。びっくりするほど厚化粧に見えてしまうので注意しましょう。

対策はコレ!

汗をたくさんかくことが予想できる日は、あらかじめナチュラルなベースメイクを心がけましょう。

紫外線防止効果の高い下地を顔全体に塗り、素肌感のあるツヤ系のリキッドファンデーションをスポンジで密着させるようにつけましょう。密着させるほど、汗をはじきやすくなるのでこのプロセスは忘れずに!

さらに、汗をかいたらできるだけはやくタオルで押さえるように吸い取り、肌色にあったクッションファンデやクッションベースでリタッチを!

ナチュラルなきれいさをキープしながら紫外線ケアもできるのでオススメです。

暑苦しさに負けずに、涼やかできれいな夏を過ごしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ