無料の会員登録をすると
お気に入りができます

『アッコにおまかせ』のコロナ探知犬がスゴすぎると話題に 「精度92%…」

『アッコにおまかせ!』ではドバイ空港で活躍しているという”コロナ探知犬”が話題に。

エンタメ

23日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、各国の新型コロナ対策がテーマに。そうした中、ドバイで実施されているというある特殊な対策が、視聴者のあいだで話題になっている。

■感染者から特有のにおい?

つい先月ドバイ空港で実用化されたのが、”コロナ探知犬”という聞き慣れない対策。一部ではすでに話題になっているようだが、番組では同内務省のVTRを用いて、その内容を詳しく説明。

名前から想像できるとおり、犬が嗅覚を用いて、感染しているか否かの検査をするというものだ。その方法はシンプルで、空港に到着した乗客の脇の下から分泌液を採取し、それらを順々に嗅いでチェックしていくだけ。

ドイツの専門家によると、感染者の分泌液は「特有のにおい」を発しているといい、「(訓練された)犬はそれらのにおいを嗅ぎ分けることができる」のだそうだ。

関連記事:『アッコにおまかせ』専門家の発言が波紋 「東京はすでに第二波来ている」

『アッコにおまかせ』専門家の発言が波紋 「東京はすでに第二波来ている」

■「1時間で約250件」

仮に検体が陽性であった場合には、探知犬も感染することが想定されそうだが、別室でダクトのようなものを通してチェックが行われるため、心配は無用なのだそう。

同省いわく「1時間で約250件の検査が可能」「精度は92%」とのことで、スタジオの和田アキ子も「発想がすごい…」と思わず拍手をしてしまうほど感激していた。

和田アキ子

■すでに他国でも…

この特殊な検査方法に、ネット上には「素晴らしい。コロナ探知犬、日本にも導入されないかな?」「PCR検査より優秀なんじゃ…」と相次ぐ驚きの声が。

また、すでに知っている視聴者もいたようで、「イギリスでも訓練が始まってるんですよ」といったコメントも一部には見られた。

人間の1万倍から1億倍はあるとされている犬の嗅覚。直接検体に触れることがなく感染リスクがないとなれば、今後諸外国にも広がっていくのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

清水 翔太
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ