無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2020秋新色コスメ]アイラインもマスカラも、”黒以外”が正解なワケ

メイク

人気ヘア&メイクアップアーティスト笹本恭平さんと林由香里さんがこの秋に注目するメイクは「カラーライン」と「“黒以外”のマスカラ」。ラインもマスカラも自由にラフに試すのが秋のニュアンスメイクを楽しむコツなのだとか。

1のライナーはわざと目頭側を塗り残し、黒目の上あたりから目尻に向かってスッと。目尻は平行にやや太く。アイシャドウは、アイホール全体にcを。目頭から黒目の上までaを、目尻側の二重幅にb、下まぶたにはcをのせる。全体はオレンジでトライしやすく、かつグレーにオレンジラインが映える巧みな目もとに。

Other Item

1.今回のようなオレンジゴールドやブラウン、ベージュなどの定番シャドウだけでなく、「左上のようなアイシーなグレーとオレンジ色のライナーを組み合わせても、こなれ感のあるニュアンスが生まれて素敵なんです」と、林さん。ルナソル アイカラーレーション 08 ¥6200/カネボウ化粧品

2.ピンクとブラウンが混ざり合うことで生まれる、温かな影の色を頰にひとさし。カムフィーブラッシュ 07a ¥3500/セルヴォーク(限定品)

3.赤みを帯びた、マットブラウンの唇がまさに旬。ザ マット リップ リキッド 10 ¥3200/アディクション ビューティ

2.《マスカラは“黒以外”》でたちまち今っぽく

笹本「メイク感復活のこの秋、黒だと主張が強くなりがちだけど、カラーマスカラならやりすぎて見えないのがいいんです」 林「色を見せるというより、ニュアンスを感じさせる発色。顔全体を曖昧にまとめたい今季の気分にぴったり」

今っぽさ抜群な《“黒以外”》のマスカラ4選

知的なムードが魅力のモスグリーン
1.サッとお湯オフが可能なロングラッシュタイプ。ミネラルロングアイラッシュ 04 ¥3800/MiMC

自然体を後押しするブラウン
2.塗るたびに、自まつげをくるんとクセづけする形状記憶処方。ケイト ラッシュフォーマー(ロング) ブラウン BR-2 ¥1400(編集部調べ)/カネボウ化粧品

瞳が透ける印象を放つオレンジ
3.繊細な輝きを放つ、コッパーパールを配合。アートエクスプレッショニストマスカラ 02 ¥4000/THREE(8月19日発売)

じんわりぬくもりが宿る透けレッド
4.クリアな赤は、単色使いでもチェンジャーとしても活躍。カールキープマジック R クリアレッド ¥900(編集部調べ)/コーセーコスメニエンス(9月16日限定発売)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ