無料の会員登録をすると
お気に入りができます

窓開け換気時のエアコンは “つけっぱなし”が正解?電気代は1ヶ月換算すると…

ダイキンが、窓開け換気をしながら、エアコン運転をする場合の電気代に関する調査を実施。エアコンはつけっぱなしのほうがお得?

ライフスタイル

(画像提供:ダイキン)

空調製品などで知られる世界的メーカー「ダイキン」が、窓開け換気をしながら、エアコン運転をする場合の電気代に関する調査結果を発表した。

ダイキン

■換気と熱中症対策の両立

コロナ禍において“新しい生活様式”が求められる中、今年の夏は住宅の換気と熱中症対策の両立が重要だが、ほとんどのエアコンでは換気ができないことから、定期的に窓を開けて換気をしながらエアコンを使う必要がある。

しかし、窓を開けて換気をすると屋外の温かい空気が入り、その分だけエアコンにかかる負荷が高くなるため、電気代が気になるという人も少なくないのではないだろうか。

関連記事:省エネにも最適 30代女性の3人に1人がエアコンとサーキュレーターを併用か

省エネにも最適 30代女性の3人に1人がエアコンとサーキュレーターを併用か

■2つの調査を実施

(画像提供:ダイキン)

そうした悩みを解決すべく、ダイキンは「夏場の日中にリビングの窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」をテーマに、マンションの広めのリビング を使った実生活空間で、2つの調査を実施した。

まず1つ目に、窓開け換気はエアコンの消費電力にどれほどの影響を与えるのか。

真夏の日中(7:00〜19:00)の時間帯にエアコンつけっぱなしの状態で、30分に1回、5分間の窓開け換気をした場合と、窓開け換気をしない場合の消費電力量を調べた結果、 窓開け換気をすると、しない場合と比べて、エアコンの消費電力量が多くなり、電気代が1日で約40.5円上がったという。

■エアコンをつけっぱなしにすると…

(画像提供:ダイキン)

続いて、定期的な窓開け換気に合わせてエアコンの電源を小まめにオン・オフした場合と、 つけっぱなしにした場合ではどちらの消費電力が低いのか。

真夏の日中(7:00〜19:00)の時間帯で30分に1回、5分間の窓開け換気を実施。 換気時にエアコンの電源を小まめにオン・オフ(換気時に電源オフ/換気後に電源オン)した場合と、エアコンをつけっぱなしにした場合の消費電力量を比べた結果、エアコンをつけっぱなしにしたほうが、 小まめにオン・オフするより消費電力量が少なくなり、電気代が1日で約45.7円下がったという。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ