無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[腰痛のお悩み]30代のリアル腰痛あるある10問10答!

ライフスタイル

腰が痛いときは「冷やす」と「温める」どちらが正解?痛みがひどいとき、楽になる姿勢は?といった読者から寄せられた腰のお悩みに腰痛のプロ・銅冶先生がお答え。正しい知識で痛みレスになろう!

お悩み6 腰痛・ぎっくり腰は運動不足・筋肉不足と関係がありますか?(32歳・事務)

A 関係ありません
「運動不足で……」なんて言い訳をしがちだけれど、腰のトラブルと運動は関係ないそう。逆に、無理な筋トレで痛めている人は多いですね。筋力と腰痛に関係はありません。

お悩み7 腰が痛いときは「冷やす」と「温める」どちらが正解?(33歳・法律事務所事務)

A どちらでもOK。自分の痛みが軽減されるほうを選んで
温感は唐辛子成分、冷感はメンソールでもたらされるものが多いですね。シップの効果は痛み止め成分が浸透して発揮されるものが多いので、使うなら好みで選んでOK。使って自分が楽と感じるもので大丈夫。

(上から)極薄で服に響かない。パテックス®うすぴたシップ24枚入り第3類医薬品¥1300(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア 腰に直接貼るとぽかぽか。めぐりズム蒸気の温熱シート8枚入りオープン価格/花王

お悩み8 食生活で注意すべきことは?(29歳・秘書)

A 糖分のとりすぎには要注意
椎間板はタンパク質からできているので重要な栄養素ですが、食べたら腰痛がよくなるというものではありません。ただ、糖質はタンパク質を劣化させる糖化を引き起こすのでとりすぎ注意です。

お悩み9 腰痛からひざ痛に。かばって歩いていることが原因?(36歳・メーカー事務)

A ひざの痛みも腰痛が原因になっていることが多いです
腰を痛めるとひざなど脚にも痛みが出ることがあります。これは腰から脚全体へと神経が通じているためで、適切な体操で腰を根本的に治せば脚の痛みも治ることがほとんど。

お悩み10 「ぎっくり腰一歩手前のヒヤヒヤ」を感じたとき、どんなことをすべき?(32歳・販売)

A 前屈か後屈、腰が楽になるほうの体操を
椎間板は日常の動作で常に動いています。悪い姿勢が続き、椎間板の中にある髄核がズレ始めているのがその“ヒヤヒヤ感”。自分に合った体操でズレを戻して。

(画像左)前屈で楽になる人は…
両足を開いて壁に寄りかかり、足は一歩前へ。骨盤を壁につけたまま上半身を倒して2〜3秒。10回×5セット

(画像右)後屈で楽になる人は…
両足を開き上半身を壁に預ける。両手を腰に当て、おなかを壁に密着させたまま2〜3秒反らす。10回×5セット

イラスト/黒猫まな子 取材・原文/高見沢里子 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2020年9月号掲載

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ