無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチンが散らかる"魔の3スポット"の徹底リセット術!

「あとで片付ける」「また使う」「乾いてないから」などの理由で、物を置きっぱなしにして、片付けを先送りにする習慣が反映されてしまうキッチン。「効率」「見た目」「衛生」の観点から、キッチンの散らかりの原因になる"魔の3スポット"をリセットする方法をお伝えします。

インテリア

対面式キッチンで起こりがちな散らかり問題

「あとで片付ける」「また使う」「乾いてないから」という理由で、キッチンカウンターの上や流しのまわりなどには、モノがいつも出た状態になりがちです。

このようでは、出しっぱなしの物をよけたり片付けたりしながら料理をすることになり、作業の効率が落ちてしまうことでしょう。さらに、手入れがしにくいので、清潔を保つことができません。また、ダイニングから丸見えになるキッチンの散らかりは、見た目が悪くて落ち着かない空間になってしまいます。

カウンター上がいつの間にか物置きになる。油や埃、水はねで散らかったモノが汚れて不衛生に
そこで、キッチンが散らかる原因になる場所を「効率」「見た目」「衛生」の観点からの3カ所に絞り込みました。

無秩序にモノが放置される"カウンターの上"
乾かしているつもりで洗い物が出しっぱなしな"流しまわり"
気軽にモノが張り付けたり吊り下げられている”冷蔵庫まわり"
これら"魔の3スポット"の状態を点検してみてください。わが家もズバリ当てはまる、という方は多いでしょう。そこで、これらキッチンのカウンター上、流しまわり、冷蔵庫まわりの散らかりをリセットするおすすめの解決法をご紹介します。

キッチンの散らかり解決法1:カウンター近くに片付けスポットを

ダイニングキッチンでは、カウンターの上にモノが溜まりやすくなります。調理道具、食器、食品をはじめとして、ボックスティッシュやリモコン、郵便物などまで混在しがち。種類も形もまちまちなので、散らかり感がいっそう強調されてしまいます。

食卓で使いたいモノを分類して収納。カゴごと出したりしまったりするとラクに片付く
まずはキッチンだけで解決しようとせずに、ダイニング側のカウンター下を活用して、収納できる場所を設けましょう。そして、グラスやコースター、おやつなど、テーブルですぐに使いたいモノをしまいます。飲食に関係のない文具や書類といったモノは、カゴで分類してしまうのがおすすめです。

カウンター上に並べるなら、入れ物の色と素材に統一感をもたせる

カウンターの横も使えば布巾や鍋掴み、エプロンなども吊り下げられる

キッチンの散らかり解決法2:洗って拭いてサッと流しの下へ収納

流しのまわりは、調理のときに食材の下ごしらえをしたりするだけではなく、後片付けで洗い物をしたり、生ごみを処理したりする場所でもあります。そのため、水切りをしている最中の食器や鍋、洗剤、スポンジ、布巾などが出したままになりがち。繰り返し使うモノが多いので、片付けるタイミングを逃してしまいます。

お手入れ用品はプラスチックケースごと出し入れ。ザル、ボウル、バット、まな板、包丁などの指定席を作りたい

洗剤、スポンジ、ブラシなどのお手入れ用品をケースに入れて、使いやすくまとめるだけで片付く

流しのまわりは、食材や道具を広げられるようにスッキリと片付けて、手入れの行き届いた状態にしたいところです。洗った食器や道具を拭いたらサッとしまって、流しまわりに残った水気を拭きとって、清潔で衛生的な状態を保ちましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ