無料の会員登録をすると
お気に入りができます

うっかり日焼けをなかったことに!これで安心♡早めのアフターケア

暑い夏を目前にしたこの季節は、「うっかり日焼け」に注意が必要! 紫外線対策を気を付けていても、日々の生活でいつの間にか焼けてしまうという人も少なくないはず。そこで、うっかり日焼けした後に絶対にしておきたいアフターケアについてご紹介します。

2017年5月
美容

気を付けていたはずなのに。

夏を前にもう紫外線をビシビシ感じている人も多いのでは?朝しっかり日焼け止めを塗ってUV対策したはずなのに、なぜかこんがり日焼けしている。そんなときは早めのアフターケアでなかったことにできるかも!

Photo by Atikh Bana / Unsplash

うっかり日に焼けてしまったら、その後が肝心なんです! のちのち響かないように、これだけはしておきたいケアをご紹介します。

日焼けはシミやしわの原因に!

www.pexels.com

日焼けをしてしまうと活性酸素が大量に作られるため、シミやしわの原因になります。日焼け対策をするのとしないのでは、1、2年後のお肌に差が出てきます。

1.まずは冷やしましょう

www.pexels.com

日に焼けてしまった部分、赤くなっているところは炎症状態にあります。まずはその部分を冷やしてあげることで、アフターケアがしやすくなります。水疱ができてひどい場合は皮膚科に行ってみてもらいましょう。

2.冷やした後は保湿

日焼けして火照った部分を冷やした後は、保湿効果の高い化粧水やお肌に優しい保湿クリームでしっかりお手入れしてあげましょう。充分うるおいを浸透させて乾燥を防いでください。

www.pexels.com

日焼け部分にシートパックをしたり、乳液を浸透させてあげることもおススメです。日焼け後何日かはしっかり保湿しましょう!

3.落ち着いたら美白ケア

www.pexels.com

日焼けした翌日、あるいは肌の火照りがおさまってからするべきは、ビタミンC誘導体が配合されている美白ケア化粧水を日焼け部分にしっかり浸透させること。メラニンの生成を防いで白肌へと導いてあげましょう。

4.体の中からしっかりケア

ビタミンCやビタミンEを積極的に摂取して、体の中から美白ケアを心がけましょう。ビタミンCはメラミン色素の過剰生成を抑え、シミやしわの原因の活性酸素を除去してくれます。

www.pexels.com

ビタミンEには抗酸化作用があり、お肌の老化をブロックしてくれます。ビタミンをしっかり摂取し、新陳代謝を促して体の中から美白ケアを心がけましょう。

ビタミンCを多く含む食材
・キウイフルーツ
・レモン
・赤、黄ピーマン など
ビタミンEを多く含む食材
・かぼちゃ
・アーモンド
・アボカド など

スキンケア大学

アフターケアは素早く正しく♡

www.pexels.com

日焼けをしないようにUV対策は大切ですが、日焼けをしてしまった後は早めのアフターケアもとても重要です!この夏は美白肌目指して、正しいケアを心がけてください♡

記事に関するお問い合わせ