無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家の床を白っぽくするのは流行っている?フローリングの色に白を選んだママが語るメリット・デメリット

インテリア

家族で住むためマイホームを購入したい、新しく建てようかなどと検討しているママもいることでしょう。他の家に招かれたときに、壁や床などの内装を参考にすることもあるかもしれませんね。あるママはさまざまなママ友の家にお呼ばれしているうちに、フローリングの床を白っぽくしている家が多いなと思ったそうです。

『白っぽいのはおしゃれだよね。明るく見えるしいいな~と思う』
『白っぽい方が部屋が明るいですよ。元気が出る』
『自分が白にしたかったから白にしたけど、部屋が明るくていい』
『広く見えるから白色のモデルルームが多いし、それを見て「わが家も白がいい」と思う人が多いみたい』
『流行りなのかな? 最近建てたママ友の家に呼ばれて行ったらシンクが白くてすっごく見映えが良かった』

白い家はお手入れが大変!?

ただ内装を白にするのは良いことばかりではないと思うママもいるようです。白色の床は黒や茶色などの暗い色の床に比べ、落ちているゴミがとても目立つのだとか。気になるのでまめに掃除をしなければならない、いつも髪の毛が落ちているのが目に入ってしまう……などの声がありました。

『絶対髪の毛が目立つよね、掃除マメじゃなきゃ無理』
『うちの床が真っ白だけど、髪の毛はかなり目立つよ。掃除してもすぐに落ちてるの見つかるし、毛って毎日こんなに抜けるのか?! って驚く』
『家じゅう真っ白だよ。汚れも髪の毛も目立つ!』
『私も白にしたかったけど、汚れや髪の毛やゴミが目立つと何か嫌だからやめて、明るいナチュラルにした』
『ズボラな私は白にして大失敗。くすんでるし、髪の毛は目立つし、1番最初にフローリングリフォームしたい!!』
『白、いいよね~! 憧れるわ。でもうちは結局普通の茶色にした。白いと髪の毛が目立つんだよね……私ズボラだから白はダメだわ』

流行は変わるもの……白以外を選んだママたちの声も

白っぽいインテリアは明るい印象で好まれ、確かに流行りのひとつだと感じる人は多いようです。ただ流行は時代によって変わっていくものだという声も。家の床に白以外を選んだママたちは、特に流行りは気にせず自分なりの理由で色や素材を選んだそうです。

『うちはブラックウォルナット。落ち着いてるほうが高級感出るかなと思って。気に入ってるよ。なんか落ち着く』
『うちのところはナチュラルとダークの間。軽い感じよりちょっと重めが好きだから』
『わが家はナチュラルテイストのライトブラウンの天然木の床にした』
『部屋によって床の色が違うよ。リビングは桜の木、ダイニングはローズウッド、ワークルームはブナ。2階も寝室と子ども部屋とで色は違う』
『うちはブラックウォルナットの無垢材。LDK30畳以上あるから圧迫感もないし重厚感あって落ち着く。夫の希望で決めたけど、気に入ってるよ。白だとモダンな雰囲気になるよね』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ