無料の会員登録をすると
お気に入りができます

身長、ぽっちゃり&痩せ…「色」で体型のお悩みをカバーする方法

日本人の平均的な体型は6~7等身なのだそう。今回は「背を高く見せたい」「ぽっちゃりしたお腹をカバーしたい」「がっちりした体型をほっそり見せたい」といったお悩みを解消するカラーコーディネートのコツをナビゲートします!

ファッション

「色の効果」で体型の印象を変える

モデル界では人間離れした9頭身美女も登場していますが、日本人の平均的な体型は6~7等身なのだそうです。エクササイズなどの努力を重ねても、理想のボディにはなかなかならないものですが、ファッションで理想のスタイルに近づけることは可能です。今回は、「背を高く見せたい」「ぽっちゃりしたお腹をカバーしたい」「がっちりした体型をほっそり見せたい」といったお悩みを解消するカラーコーディネートのコツをナビゲートします!

色の効果で身長の「印象」を変える

トレンドのマキシ丈ワンピースは縦長のシルエットができます。トップスとボトムスを同じ色で揃えたセットアップ、ワンカラーコーデやワントーンコーデも縦のラインをつくるので、身長を高く見せる効果があります。

■背を高く見せたい
身長を高く見せたい人は、色みや明るさを揃えて同じような色でまとめましょう。縦のラインができるジャケットやパンツも効果的。ヘアスタイルをすっきりまとめたり、ブローチ、スカーフなどで、視線を首や肩の周辺に引き上げるフォーカルポイントをつくると、スタイルよく見せることができます。

ベージュ系でまとめ、ネクタイをフォーカルポイントにしたスタイリング 出典:WEAR

WEAR

■背を低く見せたい
背の高さにコンプレックスを感じている人は、縦長のシルエットを分断するのが鉄則です。異なる色のトップスとボトムスを組み合わせて、コントラストをつけましょう。トップスはお尻が隠れるくらいの長さがベターです。ストラップやトングなど凝ったディテールのシューズで足元にポイントを持ってくるのもよいでしょう。

パープル系のトップスとイエロー系のパンツでコントラストをつけたコーデ 出典:WEAR

WEAR

ぽっちゃりが気になるパーツをカバーしたい

年齢を重ねるにつれて、体重はあまり変わらなくても、下半身の厚みや二の腕のたるみなど、気になるパーツが出てきます。そうしたお悩みもコーディネート次第で上手にカバーすることができます。

■お腹のぽっちゃりをカバーしたい
ぽっこりお腹が気になるときは、ドレープやカシュクールなどソフトなデザインで、お腹をほどよく包み込むのが正解。首や肩の周辺に視線を引きつけたいので、目立つベルトはNGです。肩や襟にデザインのあるジャケットやカーディガン、テーラードジャケットで、適度にお腹をカバーしながら、視線をそらしましょう。安定感のある靴、バッグは大きめをチョイスすると◎です。

袖にデザインのあるテーラードジャケットで視線をそらすコーデ 出典:WEAR

WEAR

■二の腕のたるみをカバーしたい
二の腕が気になるときは、ストレッチ素材などのフィット感のある袖はNG。パフスリーブやジゴスリーブなど、袖に適度なゆとりのあるデザインが腕を細く見せてくれます。夏はノースリーブよりも肩に視線を集めるフレンチスリーブ、秋冬は長袖よりも七部袖で手首を見せるのもよいでしょう。袖コンシャスなデザイントップスは甘くなりがちなので、パンツなどでシャープな要素を取り入れて、甘辛バランスを整えましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ