無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「この本、どんな話だったっけ…」はもったいない。読んだあとの余韻を綴じ込めた“読書ノート”をつくってみない?♡

ライフスタイル

「読書の秋」という言葉通り、外が涼しくなる季節は本を読みたくなりますよね。

でもせっかく読んだのに、しばらくすると本の内容を忘れちゃう、なんてことも…。

そんなときにおすすめなのが「読書ノート」。読んだ本とそのときの感想を残しておくことで、読み返せば本の内容とそのときの感動を思い出すことができると、読書家さん達の間で密かに話題なんです。

そこで、今回は充実した「読書ノート」のつくり方をご紹介します◎

①まずはノートを用意

@minimalist_ta_1 / Instagram

まずは気分を上げるために、お気に入りのノートを用意。モチベーションが上がるノートをチョイスすれば、三日坊主にならずに続けられるかも…?

特におすすめなのが無印良品のノート。表紙が無地で自由に書き込めるので、好きなデザインに仕上げることができます。

②タイトルだけでもOK!

@ayuko_salad / Instagram

ノートを用意したら早速読書ノートをつけてみましょう!

イラストや写真を用意しなきゃ…と思うかもしれませんが、文字だけで記録してももちろん大丈夫です。

最初は読んだ本のタイトルを簡単に残しておくのも◎。かわいいデザインで一覧にすれば、立派な読書ノートが出来上がりますよ♩

③慣れてきたら写真を入れてみよう

@mi.sa.mama / Instagram

ノートを書くことに慣れてきたら、写真を入れるともっと見やすくなります。

特に書影の写真を貼っておくと、後で読み返すときに「どんな表紙だったっけ…」と探す手間が省けるのでおすすめ。お気に入りの表紙を貼って眺めるだけでもときめいちゃいます…♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ