無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「44歳の今が一番美肌!」な"美オタク"ぶりを徹底取材。美容家・石井美保ができるまで

美容

「44歳の今が一番美肌!」、そう断言する石井美保さんが、これまでのビューティ遍歴を振り返り、美容への愛を語り尽くす! 「MAQUIA」11月号から、彼女のキレイの秘訣と美の裏側をお届けします。

想像を超える“美オタク”ぶり、徹底取材
美容家・石井美保ができるまで

石井さんのビューティヒストリー

0歳
生まれつきの天然パーマと
小麦色の肌の幼少期
「子供の頃は外国人と間違われるくらい、髪は天然パーマでクルクル、肌も日焼けしやすく年中真っ黒でした」。現在のツヤ髪と美白肌からは全く想像がつかない幼少期を送る。
13歳
はじめてのおこづかいで
美白ローションとドライヤーを購入
「美容に目覚めたのは中学一年生。くせ毛を伸ばすためのクルクルドライヤーと、美白タイプのヘチマコロンを購入。自力でも変われるんだと、美容の力を実感」

16歳
人の目が気になり始め
あらゆる美容法に挑戦
「『磨けばもっと光るのに』という友人のひと言で覚醒。もっと高みを目指そうと、雑誌などを参考にあらゆる美容法に手を出した高校時代。今では考えられない顔面垢すりもやっていました」

18歳
例に漏れず
アムロメイクにどハマり!
アムロ世代ど真ん中の石井さん。「青春時代はアムロメイク一択。似合わない青シャドウに『具合悪そうだよ?』と心配されることも多々あり、迷走していました(笑)」

19歳
太田母斑に悩み
アナウンサーのマット肌を研究
頬に太田母斑が出現。「とにかく隠したくて、女子アナのメイクルポなどを熟読&真似した時代。コンプレックスをカバーするために、ベースは透明感とは無縁の極厚マット肌」
22歳
手先の器用さからネイリストに
アイリストになる前に、知られざるネイリスト時代が。「手先の器用さには絶対の自信があったので、ネイリストに。女性が美しくなる手伝いができることに喜びを覚えました」
25歳
出産
29歳
アイリストとして
サロンをオープン
育児で仕事を離れている間にまつエクブームが到来。「ビジネスの可能性を感じてアイリストに。サロンもオープンし、育児と仕事に目が回るような毎日でした」

32歳
雑誌編集者の目にとまり
美容家としての活動を開始
サロン取材を受けるうちに、その美貌から自身への取材が増え始める。「最初はメイクの取材が多かったのですが、徐々にスキンケアについての取材も受けるように」

34歳
こすらない美容に開眼
「まつエクの負担にならないようにと始めた“こすらない”洗顔。始めてみたら肌の調子がメキメキ上昇して、続けたらどこまでキレイになるのか実験的に継続。今では欠かせない美容法に」

36歳
自身のプロデュースコスメを発売
こすらない洗顔を叶えるクレンジング、UVをブロックしながら美白も叶えるサプリを開発。「オタク気質を遺憾なく発揮したこだわりのアイテム。自分が欲しいものを形にするのが楽しい!」

プロデュース商品はどちらも予約待ち状態。1「これを飲むようになってから、ボディの日焼け止めが不要に」。ルミエラブ 60カプセル ¥11000/Riche 2「こすらない美容のきっかけになったクレンジング」。パーフェクショネール クレンジングフォーム 150ml ¥4280/Riche

気になったらとことん追求。
そこで得た知識や感動を
皆さんとシェアしたい♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ