無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本当の意味で「いい人」になる方法

周りから評価されたくて、いい人ぶる経験ってありませんか。そもそも、「いい人ぶっている」のと「本当にいい人」ってどんな違いがあるのでしょうか?コラムニストのE子さんに聞いてみました。

ライフスタイル

あなたは本当に「いい人」ですか? それとも「いい人ぶっている」だけでしょうか?

「私って、周りからいい人だと評価されたくで、いい人ぶっているだけかも……」。そんなふうに感じてしまうこと、ありませんか?

いい人ぶっているなら今日でおしまい。本当にいい人になる方法を教えます。

「いい人ぶっている」と思われる人の特徴

周りから、「いい人」ではなく「いい人ぶった偽善者」のように見られてしまう人が稀にいます。

どんな特徴があると「いい人ぶっている」と思われてしまうのでしょうか?

(1)いい人アピールがすごい

自分がいい人であることをアピールする人、たまにいますよね。みんなのために〇〇してあげた、電車でお年寄りに席を譲ってあげた、ボランティアで清掃活動に参加した……。全部、やっていることは本当にいいことのはず。ぜひ継続してください。

でも、それを他人にこれみよがしにしゃべったり、SNSに書き込んだりすると、「いい人ぶっている」と思われてしまうかもしれません。

(2)他人が見ている時だけ「いい人」

裏表がある人は、本当に「いい人」といえるか疑問です。多くの人が見ている前では、心優しい親切な人を演じているけど、誰も見ていないところではどうでしょうか?

そういった態度の変化は、案外見透かされるものです。他人が見ているから親切にするというのは「いい人ぶっている人」の分かりやすい特徴ですよね。

(3)気分や相手によって態度が変わる

「いい人」であろうと頑張っているのかもしれませんが、何となく機嫌が悪い時は他人への態度が冷たかったり、嫌いな相手には親切にしなかったり……。

こういう人も、「いい人」とは思われないかもしれません。自分の気分が乗った時だけ、自分の好きな相手にだけ親切にすることは、「いい人ぶっている」と判断されてしまうことがあります。

「本当にいい人」と「いい人ぶっている人」の違い

本当にいい人と、いい人ぶっている人は、そのマインドに大きな違いがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ