無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ムーミンのマンガ原画やスケッチがたっぷり見られる!東京・松屋銀座にて「ムーミン コミックス展」が開催中

旅行・おでかけ

トーベ・ヤンソン 「『まいごの火星人』 スケッチ」 ©️Moomin Characters™

その可愛らしいルックスと好奇心旺盛な性格で、日本はもちろん世界中で愛されるムーミン。今年・2020年はなんとムーミン生誕75周年!そのアニバーサリーイヤーを記念して、東京・松屋銀座ではムーミン童話の原作者、トーベ・ヤンソンと弟のラルス・ ヤンソンによる連載マンガの原画など280余点を初公開する「ムーミン コミックス展」を10月12日(月)まで開催中です。

トーベ・ヤンソンとラルス・ヤンソン

ムーミン童話の原作者、トーベ・ヤンソンによる初めての漫画は、1947年から2年間フィンランドの「Ny Tid」紙に掲載されました。その後1954年からは、イギリスの 「イブニング・ニューズ」紙で連載が始まり、弟のラルス・ヤンソンの協力を得ながら、20余年も続くことになります。このムーミンコミックスの存在によってムーミンが広く知れ渡るようになり、今日のムーミン人気につながっていきました。

トーベ・ヤンソン「『黄金のしっぽ』習作」

本展では、原点でもあるムーミンコミックスにスポットを当て、キャラクター設定やスケッチ、原画などを紹介していきます。例えば、ムーミン童話などのための直筆ドローイング17点や、第1話「ひとりぼっちのムーミン」(1954年)から最終話となった第73話「10個のブタの貯金箱」(1975年)まで、日本初公開となる280余点を通じて、ムーミンたちの豊かな世界に触れることができます。ムーミン童話にはないストーリーやコミックならではの魅力的なキャラクターも登場するのでぜひ会いに出かけてみて!

2年間で全国11会場巡回予定。

Tシャツ(メインビジュアル)S〜XL ¥3190 子供サイズ ¥2750

そして、本展のアートディレクションを手がけるのは、毎週更新のコラム連載「ささやかですてきなもの」でおなじみの大谷有紀さん。展示会場はもちろんのこと、グッズも必ず持ち帰りたくなるほどの可愛さ。Tシャツやバッグ、ポーチ、キーホルダーなど種類も豊富なので、こちらも要チェックです!

コラム連載「ささやかですてきなもの」

布製トートバッグ グレー・ブルー 各¥2090

ポストカード セット Y ¥2420

アクリルキーホルダー レッド・ブルー・イエロー 各¥1045

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ