無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外とよく見てる!男性が「彼女の部屋」に行ってガッカリしたこと

恋愛・結婚

初めて彼氏を自分の家に招くときは緊張するもの。

部屋をきれいに片付けて万全だと思っても、男性は思った以上に色んなところを見ているようです。

今回は、男性の経験談をもとに、彼氏を部屋に呼ぶときに気を付けたいポイントを紹介します。

押入れの中に詰め込まれたグチャグチャな荷物

「初めて彼女の部屋に行ったとき、物が少なくてきれいな部屋だと思ったのも束の間、彼女が押入れを開けたとき、荷物が雑然と詰め込まれていてがっかり……。衣装ケースは服の入れすぎで開けっ放し、書類や雑貨は山積になっていた」(26歳/営業)

都合の悪いものはひとまず押し入れに入れておけばいいや……。なんておおざっぱなことをしていませんか?

その場限りの片付けや掃除は、意外とほころびがでやすいもの。

「もしかしたら見られるかもしれない」という意識をもって、目につきにくい場所の整理整頓まで心掛けておきたいですね。

カビや汚れ…掃除が行き届いてない浴室

「彼女の家でお風呂に入ったら、シャンプーやボディソープの容器が汚れていて、湯垢やカビがついていてドン引き。浴室のフロアも少しヌルついていて、あまり掃除をしていないのが露呈していました」(31歳/金融)

浴室全体の掃除はたまにしかしない…という人もいるのではないでしょうか?

水回りは思った以上に汚れやすいもの。シャンプーなどの容器に加え、洗面器やバスチェアなど、細かいところも入念にお手入れしましょう。

部屋干しで生乾きのニオイがプンプン

「彼女の部屋に入ったら、なんとも言えないニオイが漂ってきたんです。部屋に入ると隅の方で衣類が部屋干しされていました。生乾きのニオイって結構嫌な臭いがしますよね。恋心が一気に冷めました」(29歳/公務員)

部屋のニオイは、自分では気づきにくいもの。

特に、生乾きの衣類は雑菌が繁殖しやすく、嫌なニオイを発生させてしまうので注意です。

普段から部屋干しする人は、洗剤を部屋干し専用のものにしたり、風通しを良くして早めに乾かすななど、ニオイ対策をしておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ