無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長州力が「飛ぶぞ」と絶賛のもつ鍋、注文が100倍に 運営会社の社長に直撃した

現在注文が殺到中の長州力がツイッターで紹介したもつ鍋の正体とは…

エンタメ

(写真提供:JP News)

福岡・博多地区で第二次大戦後に、もつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたのがルーツと言われているもつ鍋。長州力がSNS上でもつ鍋を紹介したところ、大反響となっている。しらべぇ取材班は、その鍋を取り扱う社長から話を聞いた。

■長州力が「飛ぶぞ」と絶妙の表現

長州力が、「このモツ鍋食べてみな。飛ぶぞ。俺はカレー味で飛んだ」とつぶやき、写真付きで紹介。

SNS上では「めちゃめちゃ美味しそうですね」、「『飛ぶぞ』という表現が流行語大賞」、「お取り寄せして飛んでみます」といった声があがっている。

関連記事:長州力、『キン肉マン』超人イラスト採用に喜び爆発 誤字へのツッコミも

長州力、『キン肉マン』超人イラスト採用に喜び爆発 誤字へのツッコミも

■注文が通常の約100倍に

このもつ鍋はアミュゼホールディングス(本社・福島市)が運営する、本格宅鍋お取り寄せ専門店「TAKUNABE」の商品で、「おうちで手軽に本格鍋が楽しめる」のがコンセプト。神野社長によると、長州力がSNSで紹介して以降、注文数が通常の約100倍入っている状態だという。

「注文が殺到し何が起きているのかと思ったら、長州さんが紹介してくれていた」と驚きを隠せない様子だ。

■産地を混ぜた厳選厚切り牛もつを使用

鍋のラインナップは、醤油味とスープカレー風の二種類のみ。国産の厳選した厚切りの牛もつ(ホルモン)を使用しているが、産地は東北や九州などを、あえて混ぜているとのことだ。

(写真提供:TAKUNABE)

この理由について社長は「産地によって脂の乗り具合が違うので、混ぜることで、味が偏らなくなる」と語る。

関連記事:長州力、イベントでの激昂を謝罪 記者の態度には批判の声相次ぐ

長州力、イベントでの激昂を謝罪 記者の態度には批判の声相次ぐ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ