無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そんなこと聞かれても…男性が「聞かれて困る質問」リスト

恋愛・結婚

合コンなどの出会いのシーンや、気になる人とのデートでは、気になる男性と距離を縮めたいですよね。

そんな時、質問することで相手を知ることができたり、彼に興味があることをアピールできます。

しかし、中には男性を困惑させてしまう質問もあるようで……男性が「そんなこと聞かれても困る」と感じる質問とはどんなものなのでしょう?

どこに住んでるの?

「東京タワーの近所に住んでいますが言いたくない。合コンで住んでる場所を聞かれて『いいとこ住んでる!お給料高そう』とか言われると、品定めされている気分……。」(28歳・男性)

相手を恋愛対象として考えると、住んでいる場所やアクセスが気になるもの。

でも、知り合ってすぐに住んでいるところを聞かれると、「探られている」「品定めされている」と感じる男性が多いようです。

デートのアポを取り付け、待ち合わせを決めるために聞くとか、「私は〇〇線沿線だけどあなたは?」と自分の情報を先に出すなどの工夫が必要です。

なんで彼女いないの?

「なんで彼女いないの?って言われても……。こっちが知りたいし、彼女が常にいるのって普通なの?」(25歳・男性)

褒めるニュアンスで「(あなたみたいに素敵な人に)なんで彼女いないの?」と聞く人もいますが、合コンやデートの場では「そんなこと聞かれても」と思われる可能性大。

「彼女がほしくてもできない理由」を聞かれていると感じる人もいます。

答えにくい、何を聞きたいのかわからない。そんな質問は「話してもつまらない」印象に結びついてしまうかも。

合コンばっかり行ってるんじゃないの?

「いつも合コンばっかりしてるような言い方をされるのは心外。こういう子は『普段は行かない』と言っても信じてくれないし。初対面の男に『お前は遊んでる』的なことを言う子と付き合ったら束縛されそう」(23歳・男性)

「遊んでいるのでは」「浮気しているのでは」男性が聞かれて嫌な気分になる質問の代表格です。

単に悪いイメージを嫌うせいではありません。「違う」と答えたところで、していないことを証明するのは難しいからです。

自分を頭から疑ってかかる女子を、恋愛対象にする男性はほぼいません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ