無料の会員登録をすると
お気に入りができます

抜け感がおしゃれ見え♡「ほどよいルーズ感」ヘアの作り方

ヘアスタイル

また、ぼさぼさに見せないために最初にワックスを付けてからまとめるのもポイントです。ある程度髪を束にできたら、少々まとまり感がなくてもそのまま結んでアレンジを進めて行きましょう。

引き出す時は細くつまんで持ち上げる

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

髪を崩す時に失敗しがちなのが、大胆にがっつりと崩してしまうことです。旬なルーズ感を出すのに大胆さは必要ですが、崩す際につまむ髪の量はほんの少しずつがポイントになってきます。

hair.cm

一気にルーズヘアを仕上げることはできません。少しずつ引き出しながら崩していくことで、こなれたルーズ感が作れるので、根気よく丁寧にアレンジしていくことを心がけましょう。

後れ毛アレンジを取り入れてラフさアップ

ルーズ感を出すもう一つの方法としては「後れ毛アレンジ」があります。これはわざと後れ毛を出してラフさを演出するヘアアレンジですが、今ではまとめ髪アレンジの定番にもなっているのでぜひ取り入れたいですね。

hair.cm

ポイントとしては、ここでもほんの少しだけで後れ毛を垂らすということです。あまり多すぎると逆に野暮ったくなってしまうので注意しましょう。場所としてはもみあげや耳の後ろ、襟足などに取り入れるといいですよ。

垂らした髪は軽く巻くこと

後れ毛アレンジで垂らした髪や、ポニーテールで下ろした髪はコテで軽く巻いてあげてください。こうすることでふわっとした女性らしさが出せますし、一気に旬ルックな印象に仕上がりますよ。

巻き方としてはランダム巻きがオススメです。同じ調子で全体を巻くと、まとまりが出るのでルーズ感が出しにくくなります。部分部分で違う方向に巻いてラフに見せるようにしてみましょう。

三つ編み・編み込みも崩して

最近ではまとめ髪に三つ編みや編み込みを取り入れる方法も少なくありませんが、ここで作った編みアレンジも崩していくことでオシャレに見せることができますよ。

記事に関するお問い合わせ