無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人でも入りやすく持ち帰りも◎味も雰囲気も間違いなし♡京都の食事処特集

紅葉の見ごろが近づき、人気の京都への旅行を考えている方も多いはず。そこで迷ってしまうのが、どこでご飯を食べるかではないでしょうか?今回は、1人でも入りやすく、京都らしい風情ある空間と料理が楽しめるのが魅力のお店を5つピックアップします。和やかな雰囲気の素敵なお店の数々、是非のぞいてみませんか?

旅行・おでかけ

和食だけではなく、洋食屋さんやバルなどにも注目したいもの。おすすめは、細い路地の先にある隠れ家のような「イカリヤ食堂」。納涼床もある、鴨川沿いのビストロです。
扉を開けて中に入ると、築100年の旅館をリノベーションした和の建築と、洋のインテリアが調和した空間が広が広がります。そこで振舞われるのは、フランスやイタリアで経験を積んだ料理人やソムリエによる本格的な料理です。

photo:イカリヤ食堂

本場の味を再現した料理は、見た目にも華やか。大きな南部鉄器のココットで焼き上げたスフレフロマージュは、ふわふわな生地からホワイトソースとチーズのコクが溢れます。低温でじっくり火を入れた鶏のコンフィは、柔らかでジューシー。この2つは定番の大人気メニューです。
ほかにも季節の食材を使った、期間限定のパスタやデザートが豊富。ワインを片手に味わえば、旅の特別な思い出として記憶に残るはず。

朝昼夜、いつでもやさしい味に満たされる「丹 tan」

photo:丹 tan

落ち着いた空間でゆったりと食事をしたいときにぴったりなのが、京都三条通白川橋のほとりにある「丹 tan」。店名は、丹に「小さな真心」という意味があることと、丹後の農家さんや漁師さんなどによる本当にイイものを紹介したいという思いから名づけられています。
朝・昼・夜とオープンしており、大きな窓に面したカウンターや広々としたダイニングテーブルの席で、上品な料理を味わえます。

photo:丹 tan

宿泊をした朝にうれしいのが、野菜中心の朝食。自家栽培米のほか、蒸し野菜や小鉢、自家製のお漬物には季節の野菜がたっぷり使われ、体によい地元の食材を堪能できます。ランチにも旬の食材を使った丼ものや麺の定食があり、夕食はコースまたはアラカルトの選択が可能。一品料理と軽く1杯だけという利用もできますよ。
緩やかな時間と丁寧に作られた料理に、家族みんなでの食事や親しい友人の家に訪れたときのような気分でくつろげます。

宿泊はのんびりできる和モダンなホテルで

photo:nol kyoto sanjo

旅の大事なポイントといえる食。古都らしさが感じられる空間で、地元ならでは料理が味わえる食事処に足を運び、ぜひ満ち足りた時間を過ごしてくださいね。

そんな京都の食を楽しんだ後は、古都の趣を感じるホテルに宿泊するのはいかがでしょうか?
三条通りに11月1日(日)にオープンする「nol kyoto sanjo(ノル キョウト サンジョウ)」は昔ながらの町家の趣きと、現代的なデザインの両方が活かされた新しいホテルです。広々とした客室やお風呂で脚を伸ばしながら、非日常の気分に浸れます。近くにはレトロなお店が多く、烏丸御池駅や京都市役所前駅もすぐそこで移動にも便利。京都旅を楽しむための拠点にぴったりです。

nol kyoto sanjoコラボ企画「いま出会える京都特集」
2020秋に行きたい、紅葉・グルメ・スイーツのおすすめ京都スポットをご紹介しています。

漬×麹 Haccomachi(つけかけるこうじ はっこまち)

京都市中京区三条通柳馬場下ル桝屋町78-1
TEL:075-256-8883
営業時間:平日11:00-15:00、17:00-21:00 土日祝11:00-21:00
(L.O ランチ14:30、フード20:00、ドリンク20:30、テイクアウト20:30)
定休日:水曜(祝日の場合は翌木曜)

https://haccomachi.jp/cafe/

高瀬川 くりお

京都市下京区四条河原町下がる船頭町237-1
TEL:075-3444-2299
営業時間:17:00~23:00
定休日:水曜

http://www.qulio.com/

先斗町 魯ビン(ロビン)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ