無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着太り回避!重ね着、羽織り、色の効果で「細見え」する4つの方法

どうしても着ぶくれしがちな秋冬ファッション。カーディガンやジャケットなど羽織りアイテムを使って、スタイルアップできる方法があるんです。

ファッション
WEAR

2020秋冬のニットベストは、全体のフォルムがスクエアで、肩幅が広いのが特徴。

身長を高く見せたいときは、ショート丈がおすすめです。ウエスト位置が高くなり、ベストの肩幅との対比でウエストが細く見えます。

■カーディガンにはベルトをオン

ベルトでカーディガンをウエストマーク 出典:WEAR

WEAR

お尻が隠れる丈のカーディガンは、リラックス感がある反面、部屋着のように見えてしまうことも。

細めのベルトでウエストマークすると、ぐっとおしゃれな雰囲気に。カーディガンに似た色を選ぶと、ベルトが目立ちすぎず、垢抜けた印象になります。

3. ロングコートはバッグでメリハリを

■トレンチコートはバッグに視線を集めて

ベージュ系のトレンチコートのコーデ 出典:WEAR

WEAR

マキシ丈のスカートやパンツとバランスがよいのは、ロング丈コート。縦長のラインができるので、身長を高く、ほっそりとした印象に。

こちらのコーデは、コートとバッグはベージュ系で揃え、インをホワイトでまとめています。バッグに視線がひきつけられるので、スタイルよく見えるわけです。

■チェスターコートには大きめバッグを合わせる

くすみピンクのチェスターコート 出典:WEAR

WEAR
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ