無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デートにも一人映画鑑賞にもおすすめ♡「あの頃」を思い出す甘酸っぱい夏休みムービー

1995年に公開された岩井俊二監督の名作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をアニメ化した本作。昨年、大ヒットした『君の名は。』に続いて、エンターテインメント性に富んだノスタルジックムービーに仕上がっています。今をときめく豪華なスタッフ陣にも注目です!

2017年8月
カルチャー

この夏最も注目される夏休みムービー

 中学時代の夏休み、何をしていたか覚えていますか。振り返ると、今よりも1日が無駄に長く、些細なことが大事件に感じられ、濃密だったのではないでしょうか。そこに思いを寄せる人がいたなら、なおさらーー。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、そんな少年少女の夏の1日の記憶を刻む物語です。

 舞台は花火大会を控えた海辺の町。学校のプール掃除をする典道と祐介は、クロールで競争することになります。なぜかプールサイドには二人のあこがれの女子生徒なずなの姿が。勝ったほうにあるお願いをしたい様子のなずな。二人の勝敗が未来を左右します。一方、教室に戻ると「打ち上げ花火は横から見ると丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイトたちの姿が。典道と祐介もそれを確かめる約束をしますがーーー。

「あのとき、もしもなずなを救うことができたら」
 自分に少し勇気が足りなかったことに対する後悔。だれでも経験したことがあるのではないでしょうか。典道の強い後悔が、奇跡を起こします。それがたとえ夢だとしても、ひと夏の強い記憶には間違いない。
 ラストは観る人によって好き嫌いが分かれそうですが、思春期の夏休みを思い出して、甘酸っぱい気持ちになるはず。

スタッフはヒットメイカー!

原作:岩井俊二さん

本作の原作は1995年に公開された岩井俊二監督の作品『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。もとは1993年にドラマとして放映され、同年にドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞し、映画公開へと繋がりました。原作では典道やなずなたちは小学生で、よりノスタルジックな色彩を放っています。この作品を機に岩井監督は映画界に進出し、『スワロウテイル』や『リリィ・シュシュのすべて』など数々の名作を制作しています。

脚本:大根仁さん

監督を務めたドラマ『モテキ』の第2話で、主人公らが岩井監督の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のロケ地を巡るというストーリーを展開。セリフまわしや映像の空気感まで、女性の魅力を引き出す監督と言われていますが、今回はアニメ映画の脚本という異例の大抜擢。なずなの小悪魔ぶりに期待です♡

豪華声優陣に注目!

島田典道(声・菅田将暉さん)

若手俳優のなかでも演技に定評のある菅田将暉さんが声優初挑戦!ちょっと押しの弱い思春期の少年、典道のドキドキや葛藤を繊細に演じています。

及川なずな(声・広瀬すずさん)

クラスのマドンナ的存在で、少し影のある美少女・なずなを演じるのは広瀬すずさん。『バケモノの子』に続いて声優として演じるのは2作目。劇中で松田聖子さんの名曲を歌うなずなにも注目です!

安曇祐介(声・宮野真守さん)

典道の親友である祐介を演じるのは女性ファンの多い若手声優、宮野真守さん。親友と同じ女の子を好きになる男子の気持ちを絶妙に演じています!

DAOKOが歌う主題歌も必聴!

『打上花火』DAOKO × 米津玄師(トイズファクトリー)

作詞・作曲、プロデュースを米津玄師(よねづ・けんし)が手がけるDAOKO(ダヲコ)の3rdシングル。切なくて優しいメロディとDAOKOのはかなげなウィスパーボイスがマッチしてスルメな1曲になっています!

夏の終わりを締めくくろう!

 プロデューサーは『君の名は。』をプロデュースした川村元気さんというだけあり、エンターテインメント性に富んだ本作品。気軽に鑑賞できるので、恋人同士でも友達同士でもひとりでもおすすめです。

©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式HP
記事に関するお問い合わせ