無料の会員登録をすると
お気に入りができます

出しっぱなしになってない?整理収納アドバイザーが教える「文房具の収納ワザ」

こんにちは!整理収納アドバイザーの大森智美です。どの家庭にも必ずある文具類。小さくてよく使う物だからこそ、テーブルに出しっ放しになっていたり、使った後、片付けられずあちこちに放置されていたりしませんか?少し整理して収納を見直すだけで片付きやすい仕組みを作れますよ。

ライフスタイル

まずは、整理が肝心

手に入りやすく、おまけなどでももらうことの多い文具類。

書けないボールペン、使いづらいハサミ、特別気に入っていないカラーペン、増えすぎてしまった付箋やシールなど、引き出しにゴチャっとたまっていませんか?気を抜くとあっという間に増えてしまいます。

たくさん持ちすぎるとあちこちに放置されたり、取り出しにくい原因に。

まずは引き出しの中身を全て出して、「使用しているもの」「使用していないもの」に分けて整理してみましょう。「使用していないもの」「使う予定のないもの」は手放します。

毎日使う文具こそ、一軍収納!

ボールペンやはさみ、印鑑など、毎日のように使う物こそ超1軍収納で使い易く。

まずはよく使う物に数を絞って、パッと見たときに重ならず見渡せるようにゆったり収納してあげると使い易さが格段に違います。

また、毎日使う文具は使う場所の近くに収納を作ってあげると、あちこちにおきっぱなしになるのを防止できますよ。

筆箱替わり?!持ち運びで圧倒的に片付けやすく!

色鉛筆や、色ペンはケースごと持ち運べると使う時も片付ける時も圧倒的に便利!

色鉛筆・カラーペン・マジック・マスキングテープなど種類ごとに収納するとそのまま机に持ち運び→使用して→そのまま片付ける、と一連の流れがスムーズに。

また、子供の鉛筆や消しゴム、クレヨン、色鉛筆などもまとめてあげるとそのまま出してお絵かきできるので、子供でもお片付けしやすくなります。

細かい文具は1ケース1種類収納でスッキリと

クリップや押しピン、付箋、ホッチキスの芯など、増えやすく収納に困る細かい文具。あなたの引き出しにもたくさん眠っていませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ