無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お寺の中にプラネタリウム?面白さ満天の"星解説"で特別な土曜日を

お寺の中にプラネタリウムがあるという「プラネターリアム銀河座」。なんでも、法話をより解りやすくするため、プラネタリウムを導入したところ好評となり、一般向けの投影をスタートしたという異色の施設です。ここでしか楽しめない星のライブ解説は見逃せません!

旅行・おでかけ

お寺なのに?違和感だらけの「プラネターリアム銀河座」へ

京成線・立石駅から北へ歩くこと約5分。猫やクジラの絵が書かれたユニークな建物が見えてきます。ここが今回の目的地「プラネターリアム銀河座」のある證願寺(しょうがんじ)です。

境内に入ると重厚感のある瓦屋根の本堂が!
「プラネターリアム銀河座」は、本堂の右にある木造の建物です。敷地からは幻想的なプラネタリウムの面影は全く見受けられませんよね。これも「プラネターリアム銀河座」の面白さ。

よく見ると本堂の前にライオンのオブジェが。古代インドで仏教を守護した王様が建てた柱に多いライオンを狛犬の代わりに置いているとか。

もう片方には恐竜!境内に強いもの置くことで邪気を払うことができるそう。

中学生以下は入館NG!館長がこだわり抜いたラグジュアリーな大人空間

入館料ひとり1000円(税込)プレミアムシートはプラス500円

広々とした投影室には、本革のリクライニングシートが25席。本来60人収容できる広さですが、ゆったりとした気分で星空を楽しんで欲しいという館長(住職)の想いでこの仕様に。

一番後ろの6席は、さらにゆとりのあるプレミアムシートになっています。プレミアムシートで予約すると、本格的なコーヒーやスイーツも楽しめるとか。

投影室の設計にあたっては、各地のプラネタリウム施設に館長自ら足を運び、椅子の座り心地や隣の人との距離などリサーチを重ね“リクライニングシート”にたどり着いたそう。

実際に座ってみると、ふかふかのレザーに体が心地よく沈み込み、窮屈感や圧迫感など一切感じない快適さです。床暖房も完備されているので寒い時期も安心ですよ。

投影するアナログ機は、世界でここにしかないといわれる幻のペンタックスの試作機を使用。デジタルプラネタリウムは4Kの美しい映像です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ