無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これからが本格的な見頃♡都内から日帰りで行けちゃう紅葉スポット3選

青々としていた木々もすっかり秋色に染まり始める今日この頃。都内から好アクセスながら、本格的な紅葉を楽しむことができるスポットをご紹介します。束の間の休日を利用して、真っ赤に燃ゆる見事な紅葉を愛でる秋旅に出かけてみませんか。

旅行・おでかけ

約500本ものカエデが織りなす圧巻のライトアップ

photo:国営武蔵丘陵森林公園

最初にご紹介するのは埼玉県比企郡に位置し、東京ドーム65個分もの広さを誇る国営武蔵丘陵森林公園にて開催される、毎年恒例・期間限定の夜間イベント「紅葉見ナイト(もみじみないと)」。

園内には赤・黄・オレンジのほかにも、ピンクに近い色彩に色づくものなど、首都圏では珍しい約20種類ものカエデを愛でることができます。そのカエデを約500本使用したライトアップとアートイルミネーションが融合した絶景をお楽しみください。

photo:国営武蔵丘陵森林公園

また、公園内の各エリアには写真の「森の妖精モーリー」が点在し、このモーリーを探しながら物語に沿って巡る楽しみも体感できる人気イベント「森の妖精モーリーのフィールドラリー」も開催。見るだけではなく、実際に参加しながら楽しむことができるのも魅力です。

まるで映画のワンシーンのような風情ある紅葉のトンネル

photo:伊豆の国パノラマパーク

次にご紹介するのは、紅葉の見頃間近の「伊豆の国パノラマパーク」にて開催中の「オータムフェア」。数々のイベントが行われているなか特におすすめしたいのは、この時期しか観ることのできない「紅葉のトンネル」。

標高452mに位置するかつらぎ山の山頂から望む紅葉シーズンならではの富士山と駿河湾、そして敷地内のボードウォークでは木漏れ日と紅葉が混ざり合い、まさに「紅葉のトンネル」となります。11月中旬から山頂より色づきはじめ、12月初旬あたりまでが見頃とのこと。日本が誇る絶景を横目に、ゆっくりと紅葉のトンネルをお散歩してみませんか。

雄大な富士山と色鮮やかな紅葉を同時に楽しめるもみじ回廊

photo:富⼠河⼝湖町観光連盟

最後に河口湖の北岸、季節の観光名所として知られる約1.5kmのもみじ並木(もみじ街道)の色鮮やかな紅葉をご紹介します。

赤々と燃えるような圧巻の紅葉越しには、堂々とそびえ立つ富士山の雄姿が。観る人誰もが目も心も奪われること間違いなし。また、メイン会場である「もみじ回廊」では日没(午後4時半頃)から午後10時までライトアップを実施しているので、昼と夜の両方の顔を楽しむことができますよ。ライトに照らされた色鮮やかな紅葉が創り出す幻想的な世界観を体感できるチャンスです。

今しか観ることができない日本ならではの絶景

photo:富⼠河⼝湖町観光連盟

そろそろ関東エリアでも紅葉の見頃を迎えます。
グラデーションを描くように染まりゆく紅葉を愛でるのであれば、まさに今が好機。
より寒さが厳しくなる頃には、真っ赤に燃えるような紅葉を楽しむことができるでしょう。

ちょっとした日帰り旅やドライブがてらに、今しか観ることができない、日本の秋ならではの絶景を堪能してみてはいかがでしょうか。

紅葉見ナイト(もみじみないと)

会場:国営武蔵丘陵森林公園
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
開催期間:2020年11月14日(土)~11月29日(日)※雨天中止
時間:16:30~20:30(※最終入園 20:00)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ