無料の会員登録をすると
お気に入りができます

眠れないの? それって寝具・環境のせいかも。『LDK』が大調査

キレイなお肌を作るには、スキンケアももちろん大切ですが、まずはしっかり睡眠をとることが重要といわれています。そこで、テストする美容誌『LDK the Beauty』が快眠の基本をプロに教わりました。今回は、寝具・環境についてご紹介します。

ライフスタイル

「キレイなお肌をつくるには、スキンケアも大切だけど、まずはしっかり睡眠をとることが重要」といわれています。快眠ブームを裏付けるように、枕やアイマスクなどの快眠グッズも豊富に発売されています。

夜10時にベッドに入って、7時間以上睡眠をとるのが理想的など、理想の睡眠について雑誌やネットでもよく取り上げられていますが、実際はどうでしょう? しっかり眠れていますか?

日付が変わる前にベッドに入れなかったり、なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も起きてしまったりと、人によって様々な睡眠問題があります。

テストする美容誌『LDK the Beauty』でも読者アンケートを行ったところ、今の睡眠に満足している人はたったの20%しかいませんでした。

Q. 今の睡眠状況を教えてください

眠りの浅さや寝つきの悪さに悩んでいる人が、なんと7割以上という結果になりました。しっかり睡眠をとれなければ、美肌を叶えるのも難しいようです。

Q. よく眠れない原因はなんだと思いますか?

なにかと不安やストレスを抱えがちな現代社会では、安心して睡眠をとれている人はごくわずかでした。

そこで今回は、快眠のための寝具・環境についてご紹介します。

枕などの寝具はもちろん、寝室のカーテンの色まで、眠りの質に影響を与える要因はさまざま。環境をより快適に整えて、深い眠りをゲットしちゃいましょう。

枕は首のくぼみを埋めるためのものです。そのため、自分に合った高さのものを使うことが大事になります。

高すぎるとあごが引けていびきの原因になることもあります。

反対に、低すぎるとあごが上がって首に負担がかかってしまいます。枕が合わないと不快刺激となり、睡眠の質が下がります。

ちょうどいい高さの枕を探しましょう。

スムーズに寝返りが打てることがいい睡眠のカギです。動きやすいからとジャージを着て寝る人もいますが、できるだけパジャマを着て寝るようにしましょう。肌触りのいいパジャマは快眠の助けになります。

寝るときは、近くに刺激になるものを置くのはご法度です。寝室にはなるべくパソコンやテレビを置かず、シンプルに眠りに集中できる空間を目指しましょう。

また、カーテンなどの空間を占める割合の高い家具の色は、パステルカラーがおすすめ。リラックス効果が期待できます。

ニトリ
ピローパッド
(NクールSP q-o)
実勢価格:727円

頭寒足熱の状態を作ることが快眠につながるので、後頭部を適度に冷やしてくれるグッズは良質な睡眠の強い味方になります。冷触感の生地のひんやりした枕で気持ちのいい睡眠をとりましょう。

サウンドオアシス
Bluetooth スリープサウンドセラピーシステム
BST-100
実勢価格:6980円

楽天市場で見る

家族の生活音や外の騒音が気になる場合は、スリープサウンドを試してみるのも手です。音のカーテンで、騒音を遮断することができます。「音がないと眠れない」という人にもオススメです。

以上、快眠のための寝具・環境についてご紹介しました。

ちなみに、「美肌をつくる快眠グッズアリナシジャジ!」特集を掲載した『LDK the Beauty』10月号はこちらで読むことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ