無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ハラハラドキドキを味わうならドラマ『共演NG』 今後の展開から目が離せない 

25年前に破局した元恋人同士がドラマで共演することに…⁉ ドキドキ、ハラハラのドラマ「共演NG」の魅力をご紹介!

エンタメ

もしも「殺したいほど愛していた元恋人」と再会してしまったら…? そんな修羅場を描いたドラマが今、熱い!

今回は、fumumu記者もハマった”混ぜるな危険”を題材にした、遊び心たっぷりドラマ『共演NG』(テレビ東京系)をご紹介します。

■ドラマ「共演NG」とは?

25年前に別れた元恋人同士である、大物俳優・遠山英二(中井貴一)と女優・大園瞳(鈴木京香)は、”絶対に共演NG”な関係。そんな2人が、ショーランナーの市原龍(斎藤工)の手によってドラマ『殺したいほど愛してる』で25年ぶりに共演することに…。

さらに2人以外の出演者も、元師弟関係の俳優や、イケメンキャラ被り、不仲アイドルなど、全員共演NGなメンバー。

そんな“共演NGアベンジャーズ”のガチバトルがコミカルに描かれ、普段知ることのない業界の裏側を覗き見できる、ドキドキハラハラのドラマです。

関連記事:高良健吾、地元・熊本のお肉差し入れにハマケン「いいやつ!」と絶賛

高良健吾、地元・熊本のお肉差し入れにハマケン「いいやつ!」と絶賛

■スポンサーも遊び心たっぷり

また、本作のスポンサーは、本来ならば”共演NG”の2社「サントリー」と「キリン」なのです。途中、同業種である2社が、なんとか共演OKになった旨を告げるナレーションが入ります。

これに対し、今までのドラマにはなかった「遊び心を感じる」とSNSで話題になりました。そのため、キリンの「一番搾り」、サントリーの「モルツ」や「金麦」のCMが流れるという未曽有の展開になりました。

■容赦のないPR戦略にドキドキ

第1話では、『殺したいほど愛してる』の会見が開かれ、25年前に破局したふたりが共演をすることで、多くのマスコミが集まります。ふたりの過去を掘り起こそうとする下衆な質問が飛び交い、25年前の破局会見の映像が会場に流される事態に!

会見後、舞台裏で英二が瞳を心配して「大丈夫?」と声をかけるも、「自分の保身のために心配するふりをしないで! あなたはいつも逃げてばかり。25年前だってそうだった」とふたりは言い合いになります。その挙句、「逃げてない!愛してたんだ。殺したいほど愛してた!」「私だって愛してたわよ!」と本音をぶつけ合う2人…。

そしてこの様子が、PR担当の「与謝野・M・リリカ」(瀧内公美)が視聴率アップのために生配信されていたのです。もちろん本人たちは、撮られているとも知らず…。

放送スタートから、2人の迫力に満ちたやりとりと容赦のないPR戦略の展開に、ハラハラする視聴者も続出しました。

関連記事:杉咲花、人気アイドルのうっかりエピソードを暴露 「ガラスに激突…」

杉咲花、人気アイドルのうっかりエピソードを暴露 「ガラスに激突…」
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ