無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老けてみえる原因は「血行不良」かも?血行促進におすすめの食事法とは

顔色が悪く見えると、実年齢よりも老けて見えることがありますよね。そんな人は、血行不良が原因かもしれません。
血行不良は、美容面だけでなく健康面にも影響があるため、特に寒い季節は気をつけたいところ。食事面から、血行不良の対策をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

美容

血行不良とは?

bybirth.jp

“血行”とは、体に血がめぐることをいいます。血液の流れが悪くなると、体の隅々にまで酸素や栄養が行き届かず、また、老廃物を回収することもできないため、代謝が悪くなります。

そのため、冷えや肩こり・腰痛、自律神経の乱れなど、体に不調が出てきてしまいます。また、目の下のクマや、吹き出物ができやすい、髪の毛が薄くなった、などの“老け見え”も、血行不良が原因である可能性があります。

血液の流れが悪いと、健康・美容面ともに悪影響がありますよね。では、血液の流れが悪くなる原因とは、何なのでしょうか?

血液の流れが悪くなる原因

ストレス

bybirth.jp

過度のストレスは、血液の流れを調節することができなくなり、血液の流れが悪くなる原因となります。

気が付いていないだけで、意外と体は正直。入浴したり、アロマを焚いて何も考えない時間を作るなど、ストレスを溜めない習慣をつけましょう。

運動不足

筋肉を使わないと、筋肉は衰えますし、緊張した状態が続くので血液の流れが悪くなりがち。

激しい運動をする必要はありませんが、“歩くときは腕から足まで意識して歩く”、“階段を使うようにする”など、簡単に出来そうな運動を取り入れましょう。

食生活

暴飲暴食や、脂質が多い食生活は、血液をドロドロにするため、血行不良の原因に。外食やお惣菜をよく食べる人は、脂質を摂りすぎている可能性があるため、要注意です。

まずは食事で体に取り入れるものから、血行不良対策をしていきましょう。

血液の流れを良くする食事法

1. 血液の流れを良くする食材を食べる

まずは、血液の流れを良くする食材を意識して食べるようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ