無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マツコ、ステイホームの末にソファーの色が変色!? 「6分の1は家に」

マツコが新型コロナの弊害を告白

エンタメ

30日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、MCを務めるマツコ・デラックスさんが自身の近況を報告。

マツコ・デラックス

荒れ果てた生活に関ジャニ∞の村上信五さんから心配の声があがりました。

■ソファーが変色

この日、冒頭のフリートークで「早かったな今年は…」と呟いたマツコさん。新型コロナウイルスの影響で二か月ほどステイホームを実施、「一年の内6分の1家にいた」という彼女はずっとソファーに座っていたため汗や皮脂を吸った皮の色が変わってしまったと語りました。

とはいえコロナの休み中は「良い経験をさせてもらっていた」そうで、普段全く触れないような流行りものを一通り見ることができたというマツコさん。

トークでは1年近く遅れてOfficial髭男dismの名曲「Pretender」を聞いて泣いたという思い出も明かされています。

関連記事:マツコ、村上信五の活動を随一チェック中? 本人も「見てくれたんか!」と驚き

マツコ、村上信五の活動を随一チェック中? 本人も「見てくれたんか!」と驚き

■乱れた1年だった

続いて「今年の漢字」を選ぶよう指示されたマツコさんは、「乱」の字を選択。

「ここまで人間って乱れるかってぐらい家やばいの。あんまり桐谷さんの事言えなくなってきた」と、コロナ禍で家が荒れ果てていると告白しました。

その乱れ具合は年末調整に必要な書類がどこにあるかわからないほか、「インターネットのメールサービスが3ヵ月ぐらい止まってるの、通知が来ない」程とのこと。

ほっともっとや大戸屋、マクドナルドなどが自宅のデリバリー区域に入ったことから利用回数が増え、「ぶくぶくに太っていく」状態なのだとか…。

■そろそろ限界か?

そんなマツコさんの意外な私生活を聞いた村上さんは、始終「えぇ!?」と驚き、心配そうな表情を浮かべていました。

放送後のツイッターからも「マツコさん、桐谷さん化か。ヤバいな」「本当に大丈夫なの?」といったコメントが寄せられました。

新型コロナウイルスの影響で外出が減った1年ですが、いくらインドア派のマツコさんでも限界が来ているのでしょうか…。

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ