無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「思い込み」を手放そう 完璧主義の自分に送りたい3つの言葉

完璧を求めるあまり疲れてしまう自分を、どうすれば休ませてあげられるのでしょうか?

ライフスタイル

物事を完璧にこなそうと必死になって、気づいたらぐったり疲れていませんか? ちょっとした思い込みを捨てるだけでも、自分を追い込んでしまうことが少なくなるかもしれません。

周りからの言葉で肩の力が抜けた経験を、fumumu取材班が聞いてきました。

①「過程も認めよう」

「やろうと思ったことができなかったときに、自分をすごく責める性格なんです。仕事でもプライベートでも、『なんでできなかったの、自分最悪…』って、どんどん落ち込んでしまうんですよね。
仕事のミスでへこんでいるときに、先輩が励ましてくれて。『結果を求めるのはえらいけど、過程も認めよう』と言われたことが、今でも心に残っています。結果がだめだったら、過程がどうあれダメじゃん! と思っていたので、最初は受け入れられなかったんですけど…。
『やろうと努力したことで、得たものもたくさんあったでしょ』とやさしく言ってくれて、時間とともにその言葉を認められるようになったんです。理想のゴールじゃなくても、成長できた部分を探したほうが、生きやすいんだと思いました」(20代・女性)

関連記事:完璧ではいられないから… 今の自分を受け入れる3つのヒント

②「頑張ってるでしょ」

「自分の思うようにできなかったとき、『全然がんばれない』と友達の前で大泣きしたことがあったんです。いろいろなことが重なって、気持ちに限界が来ていたんですよね。
泣いている私に、友達が『なに言ってんの、頑張ってるでしょ』とサラッと言ってくれて…。『いつもがんばってるのちゃんと知ってる』と励まされて、さらに泣いてしまいました(笑)自分では、自分の努力が足りないからだと思うことが多いので…。
自分の努力を認めてもらえるのって、こんなにうれしいんだと思ったんです。自分は努力不足だと決めつけるのをやめるだけで、肩の力が抜けるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

③「誰が決めたの?」

「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃと、日々のタスクに追い込まれている時期があって…。慌てている私に、家族が『やらなきゃいけないって、誰が決めたの?』と本当に不思議そうに聞いてくれたんです。
家族からしたらただの疑問だったんでしょうけど、私にとっては衝撃だったんですよね。確かに、誰にもやれって言われてない! って(笑)家事を丁寧にやらなきゃとか、毎日運動しなきゃとか、自分で決めたルールに追い込まれていたんだと思います。
やらなきゃいけないって、本当にそうなんだっけ? と考えるようにすることで、昔よりもゆとりが持てるようになりました」(20代・女性)

「やり遂げよう」という気持ちの強さは、自分を支えるかてにもなります。

ただ、自分を追い込むほど意地になってしまうと、いつか限界が来てしまうかも。適度に自分を許すことで、日々がずっと過ごしやすくなりそうです。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ