無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

ルンルンの新居選び♡希望にピッタリのお部屋に出会うためのポイント10

新しい年が始まり、気づけば年度末が近づいています。年度の変わり目は引越しシーズンですが、新居選びの時に忘れてはいけない大切なポイントをご存知ですか? 引っ越した後にこんなはずじゃなかった!とならないためのポイントを紹介します。

ライフスタイル

引越し!新居選びの基準がわからない!

年度末は多くの人が移動する時期です。その理由は進学や就職、転勤や結婚など様々ですが、引越がきまれば新居をさっそく選びましょう。

www.pexels.com

でも、新居選びって思ったより難しそう、住みはじめて後悔しないためにはどうしたらいい?何を基準に選べばいいの?そんな不安を抱えている人も安心の「新居選びの大切なポイント」を紹介します。

10の項目をチェック!

①交通の便はいい?アクセスはいい?

交通の便の良し悪しは毎日のことなので結構重要なポイントになります。不便な場所だと次第に苦痛になってきて「なんでこんな場所に」なんて思うことも。

www.pexels.com

駅やバス停などの公共交通機関からの距離や、始発や終電の時間もチェック。さらに電車なら特急がとまるか?といったポイントまで確認しておきましょう。

交通の便がよくて通勤時間が短くなれば、朝もゆっくりできるし、帰宅も遅くなりません。

②周辺環境は?暮らしやすそう?

生活上、外したくない大切なポイントは周辺環境がいいか?ということです。スーパーなどのお店が多くて日常の買い物がしやすい場所か?遅くまで営業しているか?銀行や郵便局、ATMなどが近くにあるか?

www.pexels.com

病気の時に気軽に受診できる病院があ近くにるか?静かで安全な場所か?夜道が暗くて危なくないか?などなど実際にそこに生活した時を想像しながらチェックしていきましょう。

③間取りは自分にあってる?

いざ、下見をするときに重要なのはやはり間取りです。例えば、玄関から室内が丸見えの間取りだと、冬は寒いし、宅配業者やセールスマンに、室内を無防備に見られてしまいますので危険です。

www.pexels.com

また、収納場所が少ないと、収納用の家具も新たに買う必要が出ますので余計な出費につながります。収納場所は多い方が便利です。広すぎないか?狭すぎないか?図面だけで判断せずに実際に下見をして確認しましょう。

④日当たりがいいか?

どうせ昼間はいないから、日当たりは二の次なんて考えていると失敗しますよ。日当たりが悪いと空気が湿気を帯びてきますのでカビの原因にもなります。

記事に関するお問い合わせ