無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ごはん好きなら一家に一台。「ライスロン」の美白ボディでお米は破格の美味になる

レシピ

精米したてのごはんが食べたい

Photo by macaroni

お米はつきたて(精米したて)が一番おいしいってご存知ですか?

ただ、精米後のお米は短期間で酸化が進み、本来の味や香りがどんどん失われてしまうので、おいしいごはんを味わいたいならその都度精米するのが一番なんですって。

となると家庭用の精米機が必要となるわけですが、デザインがイマイチなものが多くて、購入に二の足を踏んでしまう……。なんて考えていたら、今じわじわ人気が高まっているという素敵な品を見つけてしまいました。

というわけで、実演販売士であり役者でもある家電女子、雪島さら紗のキッチン家電レビュー第5回は、小型精米機「ライスロン」10,560円(税込)。

お米の真のおいしさを体感するべく、今回もつまみ食いしてみました。

2ℓペットボトルと同じ大きさ

Photo by macaroni

箱を開けてみると、中から出てきたのはライスロン本体と付属品。左から、精米バスケット、精米容器、本体、ぬか掃除用ブラシです。精米バスケットと精米容器を本体にセットした状態の大きさは、2ℓのペットボトルと同じくらい。これならキッチンに置いても違和感がありませんね。磨き抜かれたお米のように美白な本体はオシャレというか、エレガントな印象です。

精米機というと専門の施設にあるゴツイ機械というイメージをもっていたのですが……、これならむしろすすんで部屋に置きたいかも。

Photo by macaroni

計量カップにもなる精米容器。持ちやすい形状なので手の小さな女子にも扱いやすいです。

Photo by macaroni

精米バスケットはこんな感じ。精米羽根が回転して玄米をムラなく精米します。表面がなめらかなパンチングメタル製の精米バスケットと対流精米方式を組み合わせたことで、お米に無理な力がかからず、一粒一粒やさしく精米してくれるんですって。

いざ、精米スタート!

Photo by macaroni

それでは精米していきます。初挑戦なのでうまくできるか不安ですが、ここは「小型精米機」に任せてみましょう。

まずは玄米を2合計って、精米容器の中に入れます。

Photo by macaroni

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ