無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スープだけじゃない⁉︎『芽キャベツのバター煮』はコクと塩味がガツンとウマい!

今が旬の芽キャベツをおつまみにぴったりのパンチある味付けでいただきます。材料は3つだけととってもシンプル。芽キャベツの甘みにバターの塩味がしっかりときき、クセになるおいしさです。彩りもよく、食卓が寂しいときに副菜として添えてもいいですね♪

前田未希

レシピ

芽キャベツとバターでヤミツキになるおいしさ!

Photo by 前田未希

小さくてコロコロかわいらしい、芽キャベツ。この時期スーパーで見かけることも多くなってきました。やさしい味わいのスープやポトフで頂くことが一般的な野菜ですが、今回紹介する『芽キャベツのバター煮』は濃い目の味付けでおつまみにぴったりです。

材料は芽キャベツとバター、塩のみ!甘みたっぷりの芽キャベツとコク溢れるバターのコンビは、ヤミツキになるおいしさです。

そのまま頂くのはもちろん、パスタの具や常備菜としても重宝できる一品ですよ。

『芽キャベツのバター煮』の作り方

▶分量(作りやすい量)

芽キャベツ 8〜10玉
バター(有塩) 20g
塩 ひとつまみ

※お好みでつけあわせにゆで卵

▶作り方

①芽キャベツは汚れがついた葉を1〜2枚はがして、さっと水洗いする。

Photo by 前田未希

②根本の黒ずんだ部分を削ぎ落とし、十文字に切り込みを入れる。

Photo by 前田未希

根本を削ぎ落としすぎると、葉がバラバラになってしまうので注意しましょう。

③鍋に塩と芽キャベツ、ひたひたの水を加え火にかける。

Photo by 前田未希

水の量は400〜500cc、芽キャベツが水面から少し顔を出すくらいが目安です。

④沸騰したら中火で5分煮る。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ