無料の会員登録をすると
お気に入りができます

直線美にうっとり。有田焼「1616/arita japan」でモダンな食卓を。

有田焼の窯元である百田陶園と、デザイナー柳原照弘氏によって作られたブランド「1616/arita japan」の『TYスタンダード』。そのシリーズのなかで、最初に作られたのがスクエアプレートです。今回は、モダンな四角いお皿をご紹介します。

sakura

インテリア

スタイリッシュな有田焼ブランド

Photo by 日本デザインストア

シンプルで洗練された有田焼のブランド「1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)」をご存知でしょうか。有田焼の伝統を踏襲しながらも、現代のライフスタイルに合わせたテーブルウェアを生みだしている、おしゃれな陶磁器ブランドのひとつです。

有田焼でありながら、北欧風のモダンなデザインに仕上げられた食器たちは、いつもの料理がさらに華やぎますよ♪そんな「1616/arita japan」から、スタイリッシュなスクエアプレートをご紹介します。

「1616/arita japan」って?

Photo by 日本デザインストア

"有田焼"といってまず思い浮かぶのは、柿右衛門や色鍋島といった鮮やかな和食器ではないでしょうか。そんな有田焼に新しい風を吹き込んだのが「百田陶園(モモタトウエン)」という有田焼の総合商社。"和食だけじゃなく洋食や中華も楽しめる食器を"をモットーに「1616/arita japan」を創り出したんです。

その新ブランドとコラボしたのが、デザイナーの柳原照弘氏なんですね。シンプルでモダンなデザインの「TYスタンダードシリーズ」から、スクエアプレートが誕生しました。

美しいスクエアプレート

Photo by 日本デザインストア

540円(税込)~

こちらがその「スクエアプレート」。真っ白でシンプルでニュートラルな形が魅力です。使いやすさと美しさを追求した「1616/arita japan」のスクエアプレートは、どこから見ても歪みのない、計算し尽くした端正なデザインなんです。

フラットな底と、一定の角度で立ち上がった側面で統一されているので、サイズ違いを積み重ねても美しいんですね。

Photo by 日本デザインストア

このスクエアプレートは、日常使いに耐え得る"軽さ"と"丈夫さ"が特徴。"有田焼"というと高価なイメージがありますが、揃えやすい、手の届くお値段なんですよ♪

サイズは全部で6種類。90mm幅のスクエアプレート90(540円)をはじめ、スクエアプレート130(864円)、165(1,080円)、200(1,512円)、235(2,160円)、270(2,700円)と、豊富なサイズ展開。違うサイズ同士を重ねて使ってもおしゃれです。

スクエアプレートはアレンジ自在♪

Photo by 日本デザインストア

盛り付けるメニューを選ばない、ニュートラルなスクエアプレートなので、なにを盛り付けてもしっくり馴染みます。まずはオーソドックスにベーグルとサラダ、フルーツを盛り付け♪ただプレートにのせただけなのに、とってもスタイリッシュなワンプレートの完成です。

Photo by 日本デザインストア

もちろん和食だって見栄えよく仕上がります。大きめのプレートにお寿司を盛り付け、小さなプレートは醤油入れにぴったり♪大きさ違いのものを組み合わせて使うことでより美しい食卓を演出してくれます。スーパーで購入してきたパックのお寿司もご馳走に大変身!

Photo by 日本デザインストア

いろいろなサイズが揃っているので、並べるだけでホテルの高級レストランのような雰囲気だって演出できちゃいます。テーブルの中心に大きめの「スクエアプレート235」や「スクエアプレート270」を。フライ物や煮物など、みんなで取り分けるお料理にぴったりです。

取り分け用のお皿には、スクエアプレート165やスクエアプレート200がおすすめ♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ