無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブルーモスクから天空の鏡まで♡三連休で行きたいマレーシア「青の絶景」!

せっかく旅行に行くなら、一生の思い出に残るような絶景を巡る旅がしたい。でも、絶景は日本から行きにくい場所が多くて...と思っていた人に朗報です!日本から近く、三連休でも行けるマレーシアが「青の絶景」の宝庫なのだとか。その噂を聞きつけ、早速現地を取材してきました!

2018年2月
旅行・おでかけ

三連休は「青の絶景」探しにマレーシアへ!

旅好き女子が注目している写真映えスポットの新聖地・マレーシア

インスタグラムの流行もあり、写真映えのするスポットを求めて旅する女性が急増中!中でも最近旅好き女子が注目している国がマレーシアなんです。日本人だけでなく中国、韓国からもおしゃれ女子が殺到!観光地として急速な発展を遂げています。

マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

多民族国家ならではのエキゾチックな文化が交差する街並みや、日本人の口に合う美味しい料理、都会とリゾートの両方を楽しめる利便性など短いお休みでも海外に来た!という満足感を味わえるのが人気の理由。今回は、そんな見どころにあふれるマレーシアで絶対に訪れたい「青の絶景」を集めてみました♡

首都近郊で「青の絶景」を回る旅プラン♡

こちらは三連休前の金曜の仕事終わりに日本を出発し、土曜から月曜まで首都クアラルンプール(KL)に滞在するスケジュール。有給休暇を使わなくても、三連休で「青の絶景」を十分堪能できますよ♡大都会と大自然の両方を楽しめるマレーシアで遊び尽くしましょう!

マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

三連休を利用したクアラルンプール観光のモデルスケジュール

金曜夜:羽田NH885便(23:30)発の深夜便でクアラルンプールへ
土曜:6:00クアラルンプール着。空港内のカフェで朝食後市内へ。市内とブルーモスク観光、ショッピング
日曜:郊外まで足を伸ばしてスカイミラー観光。夜はKLCCの夜景とディナーを堪能
月曜:出発までショッピング。クアラルンプールNH886便(14:15)発

KL近郊・青の絶景①ブルーモスク

多民族国家のマレーシアには、マレー系、華人系、インド系の主に3つの民族が暮らしていますが、最も人口の多いマレー系住民の信仰するイスラム教のモスクが街のいたるところに建てられています。

クアラルンプール郊外にあるマレーシア最大級のモスク「スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク」はその美しいブルーの外観から通称「ブルーモスク」と呼ばれ人々に愛されています。

マレーシア政府観光局/撮影:阿部吾郎

神聖なブルーモスク内では、女性の肌の露出が禁じられているため、観光客が館内に入る際には全身を覆うガウンと頭に被るヒジャブを貸し出してくれます。

モスク内では、ボランティアのガイドさんの案内のもと施設を見学します。個人で訪れるだけではわからなかったマレーシアやイスラム教のことを深く知ることができます。

日本人ガイドの池田さんも週に一度このブルーモスクでボランティアをしているのだそう。マレー人のご主人との結婚を機にイスラム教徒となった池田さん。ブルーのヒジャブと民族衣装がとてもお似合いでした。

記事に関するお問い合わせ