無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[マスクメーク]は赤い目元で。長時間くすまず女らしい!プロが教えるコツ3選

メイク

マスクのメークは目元重視というのが定番となってきました。そろそろブラウンから女っぽさが増す赤メークにチャレンジしてみては?もともと頬や唇にあり女性らしさの象徴だった〝赤み〟。これがマスクで隠れてしまう今は、目元に赤みをさすアイメークが女らしさへの近道です。

マスクから覗く目元だけでも女っぷりがダダもれ、そんなメークが理想

赤メークというと派手なイメージがありますが、メークの仕方次第で血色もアップして女らしさが際立ちます。

ついついやりがち!いつものブラウンシャドウだとキツい印象に見えているかも

ブラウンシャドウに黒のアイライナーなど、目元コスメを駆使して目力は出ていますが、マスクを付けて目元だけが見えるとキツい印象が拭えません。目力は維持しつつも女性らしくキレイめな印象になるメークを更新していきましょう。

赤コスメはこれ!肌馴染みのいいレッド系パレットをまずは一つ

エレガンス ヌーヴェル アイズ28 ¥5,500(エレガンス コスメティックス)

4色を自由に組み合わせ重ねることで、上品な深みのあるグラデーションができるパレット。ここでは左上と左下のカラーを中心に使用。多色のパールが効いたゴールドが華やかさを作り、ボルドーが魅惑的な印象の目元を演出。色の重なりで奥行きのある眼差しを放ちます。

【赤メークのコツ①】赤みは広げすぎない!まずはゴールド系でまぶた全体を整えて

マスクをしても目元がどんより沈まないためには、まずはまぶたのくすみをはらって質感を整えること。アイシャドウ左上のアルディゴールドをまぶた全体に指塗り。赤は全体に塗ると腫れぼったくなるので注意が必要です。

【赤メークのコツ②】横割りグラデなら目力アップ&崩れにくい

アイシャドウのグラデーションは目の際を濃くして丸みを強調する横割りグラデと、目尻に向かって濃くして切れ長を強調する縦割りグラデがあります。赤を使う時は横割りグラデにすることで、目の縦幅が強調でき、丸くて優しい印象に。アイシャドウ左下のボルドーを目頭から目尻にライン状に入れて色を効かせて。ブラウンと違い、時間がたってもくすみません。

縦グラデはメーク感がしっかり出て目が横に大きく見えますが色を重ねることで少々崩れやすく、時間が経つとくすんでしまうこともあるので気を付けて。

赤コスメはこれ!マルチに使える赤ライナーも投入

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ